2016年8月22日 (月)

荒川区・ウィーン市ドナウシュタット区友好都市提携20周年記念レセプション


荒川区・ウィーン市ドナウシュタット区友好都市提携20周年記念レセプションにて、文化芸術プログラムとして『新曲浦島』をご披露させて頂きました。


1472114389730.jpg

1472114390462.jpg

1472114391076.jpg


式典後のレセプションでは、多くの方々の想いに触れました。

心の交流で深く結びついている両都市の温かな想いと、形として現されている『ドナウ広場』(南千住)や、ドナウシュタット区の荒川ストリート、四季の花々や、イベントなど…


この20年に至るまでの、各都市の皆様が交流を深めるよう更に尽くされてきた、一つ一つの形に、両都市の皆様のお人柄と人情を感じました。


出席の方のお一人が


『荒川区は人情の深い都市であるが、ドナウシュタット区には、同じ心を感じています』


と仰っていて、列席した空間に感じていた温かさの中身に、ふと思い至りました。


今後もこうした機会に、日本の心を持っておもてなし出来るよう、益々精進させて頂きたいです。

お声をかけてくださった、西川区長を始め、役員の皆様、ご覧下さったご来賓の皆様に心より感謝申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

伊勢の旅の思い出~朔日詣りの朝

この日は、特別な特別な、朔日詣り


伊勢の風習の一つで、毎月一日に行われる、朝詣り、朝市のある特別な日。

外宮近くの宿を出て、6時には参拝へ


1471734640088.jpg


言葉になりません。

今までの感謝をお伝えする時間。

内宮では、写真は一枚も撮りませんでした。

その分、目で見て耳で聞いて、触れて、心で味わって来ました。


朝市は4時30分から空いています

1471734640514.jpg

おかげ横丁へ

1471734640854.jpg

1471734641193.jpg

神話の語りを拝見できる、おかげ座

1471734641609.jpg


横丁も楽しい


1471734642051.jpg


五十鈴川を眺めながら、思いを馳せる朝

1471734642464.jpg


1471734642965.jpg


1471734643318.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

伊勢の旅の思い出~外宮

少し前になりますが、伊勢の思い出を少し(*^-^*)


名古屋の稽古から、伊勢市へ


1471733774441.jpg

初日は、外宮にお参りへ

参道には、明日のお祭りの旗が


1471733774957.jpg

外宮の入り口


1471733775542.jpg

明日拝見する奉納舞の舞台。

1471733776481.jpg


1471733777390.jpg


木々が神秘的な、神聖な空気の中、御正宮始め、お宮をまわらせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

8月28日(日) 南千住コツ通り商店街納涼盆踊り大会!ショー出演!!

8月28日(日)

18時~、18時30分~

二回公演にて

【南千住コツ通り商店街納涼盆踊り大会】

澄十郎と、若手23名で出演致します!

無料ショーにて、二車線の道路を通行止めした会場を舞台に、ところ狭しと踊りに踊る大迫力のショー!

澄十郎主宰ショー【ゆう2】で踊った数々のスペシャル演目!

今回のための新作フィナーレを、これでもかと詰め込みました!


最高に熱く楽しいショーで、コツ通り盆踊り大会の40回記念のオープニングを盛り上げます!

皆様と、楽しい時間をご一緒出来たら嬉しいです(*^-^*)


心より、お待ちしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

お伊勢参り~踊りと祈りと太古からのエネルギー

名古屋のお稽古から向かい、ずっとずっと望んでいた場所

初めての、お伊勢さまに参りました。


到着した日の夕方に外宮を参拝させて頂きました。


1470010237216.jpg

翌朝、5時から内宮の参拝へ。

1470010238370.jpg

西行法師の歌


『何事のおわしますをば知らねども、

かたじけなさに涙こぼるる』


は、本当でした。


言葉でない呼応が自然の中にあり、風が吹くたび命を感じました。

踊ることは、私にとって祈りの感覚がとても強くあります。


パフォーマンスということ以上に、自然や大気に流れる命とエネルギーを、自らの体を通していただくような、そうありたいな…と思う感覚です。


踊るという本能的な衝動は、太古からのコミュニケーションであると共に、こうして大地や神気から授かるものであるということを、改めて全身で感じました。


舞踊家として、そうしたものを通して頂けるような器であれるよう、自らの体と魂を磨きたい。


益々、自分の我を捨てて。


このエネルギーをお伝え出来たなら、それだけで何もいらない。


来たる秋の誕生日に向けて、また大きな大きな心の目標が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

隅田川花火大会

今年もお稽古などして、稽古場事務所から見ることが出来ました。


今までで一番ゆったり見れたような気がします。


どの花火も見事でしたが、花火コンクールの
クラゲと桜が心に残りました。


クラゲ

1470009228013.jpg

1470009230829.jpg


番外編で、気になったものも


男の子、女の子

1470009231556.jpg


1470009232155.jpg


ハート

1470009232739.jpg

決して長い時間では無いのですが(時間や花火の数に規定があるのでしょうか)それがまた儚くて濃厚で。

各職人さんが自らの題したテーマに即して、ドラマチックにストーリーを打ち上げます。

職人さんの魂が、一回で打ち上がって、そして終わります。


どれだけの思いと気迫なのかしら…と。


そう思えばこそ、ドーンという音の腹への響き、パラパラと煌めく音への高揚で、益々花火を美しく感じます。


舞踊会に通ずる心を感じる、日本の夏の風物詩です(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

藤川流舞踊会 2016 終演

藤川流舞踊会、お陰さまで、無事に終える事が出来ました。

ご来場を賜り、また多くのメッセージや、遠方からのエールを賜り、誠に有り難うございました。

踊りを通じ出会った皆様と、踊りを通じ共に生きる喜びを謳歌したいとう、藤川流の心、踊りに流れるエネルギー、思いを伝承出来るよう、また来年50周年に向けて精進して参ります。

やはり、新曲浦島は大きかった。

やはり、関の扉は遠かった。

これまで以上に、古典作品に流れる真髄を見つめて、体を、心を、鍛練して行かねばと痛感しております。

また今年は、私の門下から四名のお名取が誕生し、それぞれが御披露目の舞台をつとめました。

50周年の口上で、初めて、私の取り立て名取の皆が並んでくれる日が来るのだと思うと、今から感無量です。

15歳で迎えた澄十郎の御披露目は、華やかながら、途方もなく膨大なスケールで、未知の不安と揺れる覚悟、孤独な気持ちしかありませんでした。

5年毎の記念会の口上を迎える度、その場所に座る責任、二代目のここに存在する意味、父の大きさ、控える諸先生方のお気持ち、後ろに並ぶ門弟陣の愛しさ頼もしさ、スタッフ陣の支え、会場の温かさ…年々深く浴びるようになりました。

来年やっと、家元となって15年。

その時の自分の隣に、改めて並ぶ気持ちです。

自分の本名で生きた年を越すのは、どんな感覚なのか分かりませんが、きっと確実に、何かの境界を越すのかなと思います。

名披露目いただいた当初から長いこと、紙に【二代目家元 澄十郎】と書いて背中にペッと張られたような、馴染まない後ろめたさがありました。

澄十郎として恥ずかしくないようにと躍起になりました。

澄十郎が私でごめんなさい。という気持ちもありました。

『今は、そうではない』

『二代目家元 藤川澄十郎です』


と、それだけを私自身から誇りと責任を持って言えるための、15年目に入ります。


その時を迎えるため、あと一年、日々、大切に歩んで行きたいと思います。

藤川 澄十郎

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

【関の扉】ご観劇をより楽しんでいただくための粗筋

いよいよ明日、日曜日、浅草公会堂にて

藤川流舞踊会、本番となります!

お越し下る皆さまへ、より作品をお楽しみいただけるよう、明解な粗筋を書きましたので、ちょっとお時間いただければ嬉しいです(*^-^*)

さて、宗家爵応、家元澄十郎とで演じます、関の扉…歌舞伎の大作であります。

通しでは長すぎるスペクタクル長編作なので、凝縮された後半部を演じるのが今回。

ワクワクする要点を、まとめるならば

【天下の大悪党と、その男に恋人を殺された、人の心を持った桜の精霊の戦い!】


まずこの作品は、和風ファンタジーでして、とある天下分け目の大戦がある世が舞台。

そこで、宗家演じる大伴黒主は、この戦で天下取りを企む大悪党なのです。

どれくらい悪党かというと、我こそが神!天上天下!唯我独尊!これくらいには思っていそうな悪党ぶりです(主観)

雪山の関の扉に潜み、関兵衛と名乗り、関守に化けて潜伏しているのですが、国取りの期を狙ってスパイ活動をしている訳です。とても悪いです。

さて、この雪山…関の扉には、300年生きて狂い咲きしている、不思議な桜の木があります。

いつものように酒に興じる関兵衛。


今宵、この桜を斬って、炎にくべて祈りを捧げると、天下を取れるという占いを実行しようと斧を片手に、飲酒で大暴れの上、試し斬りにお琴をへし折り(酷い)、ついに桜に向かうとき!

スパイ活動で大事な印鑑のようなもので【勘合の印(かんごうのいん)】というものが、不思議な力によって宙に浮き、関兵衛の懐から桜の木に向かって飛んでいってしまいます。

不思議な力を目の当たりにし『この桜!怪しい!』と、ついに桜に斬りかかる関兵衛


と、桜の霊気に当てられて気絶してしまいます。

そのとき、桜の幹に登場するのが、澄十郎演じる、墨染という太夫。

この墨染こそ、この桜の精霊。

300年生きる内に人の心を持ち、人間界の花街で太夫として降り立ったのですが、安貞という人間と恋仲になった過去をがあります。


が、なんと、その恋人をこの大戦で敵に射たれて亡くしてしまうのですが、その敵こそ、この関兵衛なのです!!

敵をとりたい墨染は、人間の姿…太夫に化け『あなたを慕って里から関の扉までやってきた』と、関兵衛に近づきます。

と、関兵衛、怪しいと思いながらも、花街で遊んだ事が無いと言うので、墨染はまた力を使い、二人は花魁道中や、色町の遊びに興じる男女の真似事をして戯れます。

と、その仮想現実(バーチャルリアリティー)の世界で、忍んで逢瀬を楽しむ内に、女の浮気を疑った男が怒ってしまい、痴話喧嘩に。

と、揉み合った際に、関兵衛の懐から、墨染の愛した安貞の形見の、【血に濡れた片袖】が落ちます。

拾い上げて思わず泣き崩れる墨染。

と、何故泣くのだと問い詰める関兵衛に、ごまかすように

『これは片袖ではなく、よその女と契った【起請(きしょう)】ではないか!そっちこそ私の他に女がいるのか!』

と、仮想現実の女になりきって逆に問い詰めます。

起請というのは、今で言う男女の深い仲を約束する誓いの書のようなもので、そこまでいかないですが、婚姻届けのような感覚でしょうか。

『なるほど。起請だ。』

と、意味深に認める関兵衛に、ついに墨染の本来の怒りが燃え上がり、懐を掴み、怨み怨んだすえ悲しみに崩れます。

血濡れた片袖を見るほどに涙がこぼれて、いよいよ墨染も自分の心を隠してはおけません。

スパイ活動の証拠【勘合の印】を持っていること、安貞の形見の【片袖】を持っていることを並べ立て、関兵衛に、本名を明かせと詰め寄ります。

関守【関兵衛】は、かくなる上はと変化。

天下を狙う大悪党【大伴黒主】の姿になり、釜を振り上げます!!

対する墨染、安貞が大戦で兄を庇って矢を受けて亡くなった経緯を、片袖を愛でつつ涙ながらに訴え、ついに【桜の精霊】の姿に変身。


報いのほどを思いしれ!!


と、いよいよ、二人の戦いが始まります。

…さぁ、中々入り組んだお話ですが、内容がわかると沢山の伏線と掛け言葉とも取れる物語のあやが見事なスペクタクルな古典歌舞伎。


是非ともお楽しみ下さいませ(*^^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

本番まで10日

いよいよ、本番まで10日を切ります。


今年、私が踊らせていただきます演目は、どちらも、藤川の歴史を刻んできた、思い入れの深い作品です。


中でも【新曲浦島】は、御宗家が20代の頃に、舞踊家としての魂をかけて振りを付け、踊り継いで来た作品です。


残り10日。


言い訳せずに、自分の器と質に向き合うこと。


踊りの力ひとつで、体ひとつで、描く大海原。


どうぞ当日、ご覧いただけましたら幸せです。


お待ちしております。


1468541041015.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

あしたラジオ【藤川澄十郎ゲスト回】7月13日24時 (ネット配信あり)

ラジオ日本【あしたラジオ】放送日が

7月13日(水)24時~(7月13日(水)夜中)

となりました。

30分にわたって、藤川澄十郎をゲストに迎えていただいて、様々トークさせていただきました。

是非とも宜しくお願い致します(*^^*)

1467334228704.jpg

1467334229714.jpg

1467334230400.jpg

AM1422


【あしたラジオ HP】 こちらをクリック下さい


地域によってお聴きになれない方のために、
ネット配信も行われています。


ラジオ日本【あしたラジオ】ネット配信については、こちららをクリック下さい


| | コメント (4) | トラックバック (0)

«今年の父の日