« 小豆 | トップページ | 全国舞踊協会新年会 »

2008年1月17日 (木)

金閣寺 三島由紀夫

205 今、三島由紀夫の「金閣寺」を読んでいます。

人間の感情をここまで深く表現出来るものなのか…と、衝撃を受ける場面が多々あります。人間が抱える内に秘めた底知れない感情が手に取るように読者に伝わってきます。

帯に書かれた「ありえない日本語力」という言葉に頷けました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺 三島由紀夫:

コメント

コメントを書く