« 代官山ワッフルズカフェ | トップページ | お花見イヴ »

2008年3月30日 (日)

ガマ王子VS ザリガニ魔神

夜、渋谷パルコ劇場に観劇に行ってきました。
誘っていただいた舞台
作・後藤ひろひと  さん
演出・G2  さん
「ガマ王子VSザリガニ魔神」
タイトルからはどんな舞台なのかまるで想像がつかなかったのですが、一度見ると、後藤ひろひとさんならではの不思議でノスタルジックな世界観に魅了されました。
前に見た「ダブリンの鐘つきカビ人間」という作品で後藤さんを知っていたので、楽しみにしてきました♪
あらすじは…
とある病院。
院内でわがまま放題のおじいさん患者・大貫は、ある日、1日しか記憶が持たない少女・パコと出会う。
彼女は毎日のように、死んだ母から誕生日祝いにもらった「ガマ王子VSザリガニ魔神」の絵本を読んでいた。
パコと関わることで、今までの自分の生き方、愚かしさに気付いた大貫は、両親と記憶を無くしたパコのために、何かしたいと心から思い、辛く当たっていた医師、看護師、患者達と心を通わせはじめる。
皆と協力し、パコのためにサマークリスマスの会で「ガマ王子VSザリガニ魔神」のお芝居をしようと奮闘するが…
登場人物それぞれに、人間の弱さや強さが託されていて、どんな悪態をついても憎めないようなキャラクターばかりでした。
後藤ひろひとさんならではのギャグとシリアスの交ざったテンポに、役者さんのアドリブが光ります。
ありそうでありえないファンタジックな設定を納得させてしまう舞台装置も魅力的でした。
木の温もりの残る病院の質感と回り舞台は圧巻です。
ラストには、客席間近で本物の水を使って雨を見せる演出が!
音楽と相まって美しかったです。
充実した楽しい一時でした(●^ー^●)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマ王子VS ザリガニ魔神:

コメント

ようやく辿り着きました~~~^^
サイトのクオリティは予想を遥かに超えておりました!
夫婦して御家元のまぶしいばかりのお姿を拝見して
涙しております(;;)
本当にご立派になられて誇らしい限りです!
春とは言え冷たい風が頬をとおりぬけております。
お身体ご自愛くださいませ!

投稿: はのじ | 2008年4月 1日 (火) 11時10分

コメントありがとうございます! 

サイト、誉めていただけて嬉しいです(*^_^*) 
何分機会オンチな一家ですので(笑)、素晴らしい業者さんが頑張ってくださいました!ここからまた舞踊を知って下さる方々がいらっしゃるといいなと思います。

まだまだいたらない私ですが、これからも精進してまいります。
宜しくお願い致します!

また是非サイト、ブログに遊びに来てください! 
お待ちしております(^O^)

投稿: 家元 | 2008年4月 2日 (水) 11時17分

コメントを書く