« パン作りに挑戦!! | トップページ | 決死の朝ダッシュ!! »

2008年5月17日 (土)

「白鳥の湖」

273_2

今日は、お招きいただき、熊川哲也さんのバレエ団、Kバレエカンパニーの「白鳥の湖」を観劇してきました。

場所は、東京文化会館。

早めに到着したので、近くの美術館や書店を散策してからロビーに入りました。

上野にはよく来るのですが、文化会館に立ち寄るのは初めて。
バレエを見るのも人生初の経験で、どんな刺激をいただけるのかと、ドキドキしながら会場へ入りました。

オーケストラボックスに深みのある深紅の幕。
天井の高い奥行のある作りの内装。

始まる前から舞台への期待が高まります。

開演してからは、あっという間に時が経ってしまいました。

熟練された優雅で豪華絢爛な舞、セット、衣装、生のオーケストラに圧倒されました。

言葉のない表現の世界が客席に迫ってきては観客を飲み込んでいきます。

熊川さんの演出の素晴らしさには、驚きと感銘を受けました。

美しくて切なくて儚いのに強か。

舞台が七色に空間を変えていくのがわかります。

これだけのものを作り上げるために、どれだけの方々の見えない支えがあり、出演者の皆さんは、どれだけの汗と涙を流して来ているのだろう…

そう思うと、目頭が熱くなってきました。

このバレエ団を牽引している熊川さんは、とてつもないカリスマ性と実力をお持ちなのだと思いました。

心から憧れます!!

終演後、楽屋へ案内していただきました。

熊川哲也さん、そして、ジークフリード王子を演じられた、宮尾俊太郎さんをご紹介いただきました。

熊川さんのオーラは辺りいったいを取り巻き、その場にいると窒息しそうな気がしました。
お会いできて本当に光栄でした。

274

宮尾さんは長身で凛とした姿で品があって、ジークフリード王子そのままのような方でした。

終演して間もなくお疲れにも関わらず、とても気さくに親切にしてくださいました。

ジークフリード王子、素晴らしかったです!!

272_3

今日得た刺激は計り知れません。

この感動を糧にして8月の舞台稽古にぶつけて、益々精進して行きたいと思います!!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「白鳥の湖」:

コメント

ふだん着日記 いつも 楽しく 読ませて いただいております。
私にとって 励みと 発見に つながって 特に 落ち込んでいるときなど
家元さんの 考え方 見方 などの 発見を しって 何か しった激励をされているようで とっても うれしく 楽しく 読ませていただいております。 時々 文章の中から 顔をだす 御宗家 菊先生の 微笑ましい姿が 浮かび ついつい 笑ってしまいます。(失礼かなごめんなさい)
忙しいのに 大変ななか 本当に ありがとうゴザイマス。
 
   

投稿:  南澤 マサ子 | 2008年5月19日 (月) 11時53分

こちらこそ、南澤さんのコメントに励まされながら、楽しく更新させていただいております! 


笑っていただけたり、何かを感じてくださったなら、こんなに嬉しいことはありません。 


これからも頑張ってまいります!
また遊びにいらしてください(*^_^*)

投稿: 家元 | 2008年5月20日 (火) 10時06分

コメントを書く