« スポーツ大会 | トップページ | 下ざらい »

2008年7月 8日 (火)

本当の私

 
朝の9時から座頭市、ソーランの稽古に行き、お昼を食べてからとんぼ返り。
 
 
午後からは連獅子の最終調整をしました。
 
 
ランチはデミグラスソースハンバーグです(*^□^*)
明日のためにしっかり食べました!
 
 
いよいよ明日が下ざらい、リハーサルです。
 
 
本番に見れないため、明日見に来てくれる友人や、出番が近いお弟子さんにとっては、明日が本番そのものになります。
 
 
魂を込めて演じたいです!
 
 
また、明日は座頭市、ソーラン節のリハーサルもあります。
 
一緒になってドキドキしています。
 
 
実は私、かなりの緊張しいで、中学生までは出番前にご飯も喉を通らないほどでした。
 
今もそのくらい緊張しているのですが、あまりそうは見えない、自信があるように見えると言われがちですが(^o^;
 
 
自分の芸に自信があるわけではないのです。
 
 
先を見れば限りが無くて、完成の無い世界で、私の芸のつたなさを痛いほど感じています。
 
下手くそだ、駄目だ…といつも悔しい気持ちになります。
 
それでも、今の時点で出来る精一杯の舞台をすることが自分の務めだと、なんとか奮い立ちます。
 
「今の私の精一杯」を全力で出し切るには、もう練習で自分を追い込むことで、そこだけを自分を支える唯一の自信にするしかない。
 
「やるだけのことはやった」と、その気持ちだけが唯一の支えになるから、だから練習では辛い時こそ頑張らなければと思います。
 
アレルギー体質で肺や皮膚が弱く、すぐ、じんましんや呼吸困難になりやすいのですが、「ハンデがあるから人より頑張らないと私には出来ない!」と思えるので今は良かったと思います(*^_^*)
 
貧弱な首は、毛を振れるようになるまで四回は壊して治しました…弱い(笑)
 
「お客様にはそんな私情は関係ない!」
小2の時、舞台で発作がおきた時に、後で宗家に怒鳴り散らされたことがあります。
 
あの時の経験が、私に舞台ではいかなる辛さも幕がおりるまで見せてはいけないと学ばせてくれました。
 
「練習は嘘をつかない」
「辛くなってからの一回が本当の稽古」
 
馬鹿野郎、下手くそと、納得させないことを小さい頃から教え込んでいただいたことに本当に感謝しています。
 
下手で当たり前。
だからせめて、精一杯頑張る!
藻掻いた分だけお客様には必ず伝わるから踏張れと。
 
 
明日、連獅子が終わったら急いで顔を落として、座頭市、ソーラン節の応援をします。
 
あの…顔が怖いといけないので(笑)
 
全力の一回は、倒れるほど苦しいと思います。
 
 
一緒の舞台には立てないから一緒に苦しむことは出来ないけれど、どれだけ苦しいかはわかるので、せめて、気持ちの上では一つになって心から応援したいです(o^∀^o)
 
 
メンバーのリハーサル前に、連獅子で少しでも勇気づけられることが出来たら嬉しいです。
 
そのためにも、明日は頑張ります(≧ω≦)
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当の私:

コメント

人が成長するにはいくつかの起点があると思います。生まれ持った境遇。育った環境。仲間との出会い。夢との出会い。師と呼べる人との出会い。親しい人との別れ…。挙げればそれは十人十色になってしまいますが、必ずそういった経験を経て人は気づき・行動し・成長するのです。  
御家元はその起点が多かったのでしょう。だからこその『今』があるのですね。恥ずかしながら、それを称賛出来るような言葉が僕にはありません…。一言でまとめられるものでは無いです(/_;) 

ですから!
『下手で当たり前。
だからせめて、精一杯頑張る!』
この言葉を胸に頑張ることが、せめてもの感謝の形になると信じます! 
御逢い出来て本当に良かったです(^-^) 
明日の下ざらい。必ずや熱い思いが込もったものとなるでしょう!それは伝わるはずです。頑張ってください! 
では。

投稿: 幹事代理人。 | 2008年7月 9日 (水) 00時09分

人それぞれに色々な起点や傷や思い出があって、だから皆さん素敵なんだなと、いつも思います(●^ー^●)
今はまだまだ未熟な私ですが、せめて、出会えた皆さんに優しくありたい。

感謝を踊りを通してお伝え出来ればと思います! 


下ざらい、お陰様で無事終えられました。 


ありがとうございました!

投稿: 家元 | 2008年7月10日 (木) 16時51分

コメントを書く