« 巨匠・三石精一先生コンサート | トップページ | 着付け→鉄板焼パーティー »

2008年9月 9日 (火)

菊の節句

9月9日。
 
 
今日は、重陽の節句、菊の節句とも呼ばれる日です。
 
1月1日、3月3日、5月5日、7月7日の五節句最後にあたる節句で、長寿を祈る節句です。
 
 
菊にまつわるものに触れる日なのですが、一般的なのが菊酒。
 
 
母が、夜に菊酒を飲みましょうと張り切っていました。
 
 
菊酒は、本来は菊の花を漬け込んだお酒ですが、日本酒の上に菊の花びらを浮かべても良いらしいのです。
 
 
夜、意気揚々と帰宅した母に呼ばれ、食卓へ行くと、小さなグラスにお酒がつがれていました。
 
 
しかし、菊が浮いていません。
 
 
あれ?っと思って尋ねると
 
 
「菊の花がなかったから、これにしたわぁ〜(^-^)」
 
 
 
 
まさかの「菊正宗」!!
 
 
確かに菊ですが!(笑)
 
 
 
あまり有名ではなく、今では言葉だけが残っている行事なのだそうです。
 
 
忘れ去られてしまった日本の行事は、素敵なものがたくさんありますよね。
 
 
そういう行事を大切に、季節を感じながら年を重ねて行きたいです(●^ー^●)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊の節句:

コメント

こんばんわ☆

すみませぬ。一回だけ笑わせてください@大爆笑
そうでした!お母様!『菊』様!
ステキすぎます~~~!

>「菊の花がなかったから、これにしたわぁ〜(^-^)」
菊=お母様、正=御家元、宗=御宗家
ほのぼのな御家元のご家族団らんを連想してしまい^^

余談です。
『真澄』というお酒がありますが夫もワタクシもなにやら
真=澄十郎前の御家元のお名前、澄=現・爵応(御宗家)のお名前
を連想し神妙な心持で飲んだことを思い出しました(笑)

あ、来年は大変ですね090909ですもの!
これはひとつ一大イベントを企てたいところですね(笑)

投稿: はのじ | 2008年9月12日 (金) 03時36分

はのじさんへ 


私も、ひとしきり笑ってしまいました(笑) 

そして、菊の節句ですが、「菊」と名のつく物を愛でる行事とも有りました。 

何か用意しなくても、来年からは、母、藤川「菊」を愛でれば万事オッケーですね!(笑) 


「真澄」というお酒! 
確かに何だか他人事でない懐かしさを感じます(^-^)

幼名の真奈見も、 
父から継いだ澄十郎も、 

どちらも思い出と覚悟がつまった大事な名です。 


そのお酒、お目にかかってみたいです(●^ー^●)

投稿: 家元 | 2008年9月12日 (金) 16時57分

コメントを書く