« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

お琴、テレビ収録

今日はテレビ埼玉で放送される、お琴の演奏の収録本番でした。
場所は大宮の能楽堂です!
解体した場所に、セットが並びます。
写真はラストの先生ご一家と尺八の先生による曲の収録前風景です。
生の舞台と映像とでは、やはり表現や求められる物が変わってくるのでしょうが、それをいきなり体現するのは難しく、とても勉強になりました!
放送は、11月29日の午前10時からです。
私は拙いですが、先生方、先輩方の演奏、ソプラノの先生のお歌は本当に見事です!
宜しかったら是非ご覧下さい(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

母の誕生日!!

今日は母の誕生日です!
 
 
しかし、各々仕事や稽古があり、母自身が遅くまで仕事をしているので、ちゃんとしたお祝いは明日することになります(o^∀^o)
 
 
私はボイトレ、お琴、三味線のお稽古なので、母より先に帰宅出来そうです。
 
 
今日も今日とて来月の演奏会で弾く難曲の練習に励みます。
 
前より指がまわるようになりましたが、なにしろ高速で弾く節も含めて16分半ある曲なので、まだまだ練習をしなければ!!
 
 
そんな折、奥様先生から、今日になって新たにもう一つ新曲を受け渡されました!
 
同じ演奏会で急遽ニ曲弾くことになりましたが、いかんせん大変なほど燃えてしまう性格です(笑)
 
せっかくいただいた有り難いチャンスなので、精一杯やりたいと思います!
 
 
 
稽古後、歩いて上野に出ました。
 
プレゼントは先日贈ってしまったので、誕生日当日の今日は、お花を買って帰ろうと思います。
 
 
お気に入りのお花屋さんです。
 
 
母の部屋に飾るので、あまり大きすぎないもので。
母の好きな夢のある可愛らしいブーケを探します。
 
 
ここのお花屋さんはどのブーケも色合いやデザインが素敵で、迷ってしまいます(>_<)
 
 
そんな中から、一つのブーケを選びました。
 
 
生花はパワーをくれるそうです!!
 
母の日頃の疲れの癒しになりますように(●^ー^●)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

聖徳大学舞踊部、猛特訓!

 
 
月曜は、聖徳大学の日本舞踊部に講師として来ています。
 
いよいよ来月二週目の土日に、聖徳祭が迫ってきました!
 
 
OBと在校生による演目は、
 
藤娘(ふじむすめ)、蓬莱(ほうらい)、青海波(せいがいは)、京の四季です。
 
 
二日間ある学祭で、屋外ステージと劇場で発表する他、今回初の試みで、長唄部とのセッションがあり、充実したラインナップです。
 
今日は劇場の場当たりと、群舞の京の四季の徹底稽古をしました。
 
 
一人一人と対話しながら、その人の色や良さを引き出してあげられたらと思います(●^ー^●)
 
 
「振りは覚えなくていい」
 
とは、小さい頃から言われ続けた宗家の言葉です。
 
 
基本を大切にして、後はそれぞれの心で変わる表現、色が出てくるのだから、心を合わせても同じように踊るな!と言われてきました。
 
 
もちろん基本は守りながら。
でも、それ以上に守るべきものは、形に見えないものだと思います。
 
 
また、「藤川の振りを踊るから藤川流の舞になるのではない。藤川の心を踊るから藤川流の舞になるのだ。」。とも言われてきました。
 
 
何よりも大切な心の有る踊りを伝えたい。心を合わせること。心を伝えることがいかに大事か伝えたい。
 
まだまだ未熟な私が、真っ直ぐに自信を持ってお弟子さん方に伝えたい事です(o^∀^o)
 
 
稽古が終わったのはどっぷり暗くなる頃。
 
皆さんと一心に稽古に打ち込む時間はあっという間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

母へのプレゼント

本日、銀座に行きました(o^∀^o)
 
最初は、ずっと見たかった映画「おくりびと」を見ました。
 
これからご覧になる方もいらっしゃるかと思うので内容は伏せますが…
 
本っっっ当に良い時間を過ごせました!!
 
二時間ちょっとの映画ですが、長いとは一切感じず、体にしみ込んでくるような作品でした。
 
山崎努さんなど、個性豊かな俳優さん方は、味があるのに自然なお芝居で、ふとした日常の可笑しみや悲しみに泣き笑う姿に、観客はふうっと感情移入してしまいます。
 
久石譲さんの音楽と相まった演出にも、心を揺さ振られました。
 
見終わった今も余韻が続いています。
 
素敵な映画でした。
 
 
 
さて、日曜の銀座は歩行者天国で賑わっていて、平日の穏やかさとはまた違った楽しさです!
 
 
向かうのは、四丁目交差点付近のコアビル。
 
 
こちらに、銀座老舗のお香専門店、「香十」があります。
 
 
様々なお香、お香の香りがする小物、アロマなどがあり、私が生まれる前からずっと家で愛用している「香り蝶」というお香も、こちらで購入しています。
 
毎日お祈りの時にたく他、本番の日は楽屋に置いていて、特別出演の先生方、スタッフさん、お弟子さんにもよく誉めていただける大好きな香りです。
 
 
今回の目的はズバリ、母の誕生日プレゼントを買うことです!!
 
 
去年はバカラのグラスをプレゼントしたので、今回はまた別の、母の好きなものを選ぼうと、こちらにやってきました。
 
 
母は、和洋問わずに美しい小物を集めるのが好きで、香十さんの小物には特に目がないのですが、最近は忙しさから中々来れないようでした。
 
 
悩みに悩んでやっと選んだのがこの品々。
 
 
 
色合いや香りは、母に似合うもの、好きそうなものを思い浮べながらじっくりじっくり選びました。
 
毎年、こうやってプレゼントを選ぶ時間が幸せです。
 
 
夕方にはお琴の練習のために帰宅。
 
今日は早々と母も帰宅していました。
 
 
我慢の出来ない性格です。
 
二日前ですが、さっそくプレゼントを渡してしまいました(ノд<。)゜。
 
早く気持ちを伝えたくて、母の日も誕生日も、毎年フライングしてしまいます(笑)
 
母は、とても喜んでくれました(m'▽'m)
 
普段は和ませ役を買ってくれて笑顔が絶えなくて、いざとなると誰より強く全てを支えてくれる存在。
 
 
日頃から、感謝してもしたりない事がたくさんあります。
 
明後日は母の誕生日。
 
少しでも感謝を伝えられればと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

お琴テレビ出演リハーサル

午前中に稽古をして、夕方稽古までの間に、ヘアサロンZACCの代官山店にトリートメントとカットに行ってきました!


代官山からとんぼ返りしようと駅に向かうと、並びのカフェに何やら異様な人だかりが。


ガラス張りの店内には数人しかいらっしゃらないのに、ドア付近を取り巻く方ががいっぱいです。

マイクやカメラを持ってらっしゃる方も…


店内をもう一度良く見てみると、キンキキッズの堂本剛さんと、女優の多部未華子さんでした!!

バラエティーの撮影のようです。

お二人とも独特の雰囲気と華があって、とても魅力的でした(^-^)


夕方からのお稽古を終えて、今日はいよいよ来週に迫った、お琴のテレビ出演のリハーサルです!

前回のリハーサルに加え、ソプラノの先生と、尺八の先生が入られます。


ただ弾くのではなく音楽を表現すること。

師匠、若先生、ソプラノの先生が熱く意見を戦わせてらっしゃいます。
より素晴らしい表現を目指して、全員で何度も演奏を繰り返しました。


先日拝見したコンサートでも感じましたが、音の一音一音やフレーズには、言葉に出来ない感情やイメージがのせられていて、その表現は無限。

音からイメージ感じ取って、それを取り出して表現しなければ、伝わる音楽にはならないのだなぁと思いました。


とても勉強になりました。

来週木曜日の収録までに、もっと「荒城の月」と向かい合いたいと思いました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

癒しと刺激のコンサートへ

最近、体の疲れから肌が荒れているようなので、薬局へ。
 
チョコラBBのドリンクと錠剤。
 
良いと評判のDHCの薬用リップクリームを買いました。
 
 
レジで会計後、さわやかに
 
「ご馳走様でした」
 
 
と言い、そのまま商品を忘れて立ち去り。
 
 
 
あぁ、体じゃなくて頭が疲れていると思いました(笑)
 
 
稽古を終えて、今夜は池袋芸術劇場で、コンサートを鑑賞してきます。
 
今回指揮をなさる及川光悦先生は、先日、指揮者の三石先生のコンサートでご紹介いただいた方で、柔和で品があって、とても温かい方です。
 
 
及川先生のコンサートを拝見するのは初めてで、そのお人柄や先生の音楽に対する紳士で熱い思いを表現される姿を思い描くと、早くも頭のなかに音楽が流れ込んで来て、夢見ごこちです。
 
 
だからでしょうか。
 
 
 
出発前。
 
ちょっと浮ついていたのか、玄関で、もんどりうって仰向けに転びました。
 
見事な大の字でした。
 
あまりに派手に転んだので、母も私も笑うしかありませんでした。
 
 
体も疲れているようです(笑)
 
 
今日のコンサートで、心身ともに良い刺激と癒しをいただいて来たいと思います(●^ー^●)
 
 
 
出発前に腹ごしらえです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

三味線珍道中

今朝、お琴を練習してから三味線を弾こうと手をかけると、三番の糸巻きが動かなくなっていました!!
 
 
不調の原因はわからず…どういうわけがガチガチに固まってしまい、いくら踏張っても、うんともすんとも言いません(ノд<。)゜。
 
 
このまま力任せにしたら壊してしまうと思い、師匠の元へ三味線を持って稽古に行くことにしました。
 
 
琴と三味線の前に、発声のレッスンがあります。
 
 
恵比寿のスタジオから間髪入れずに電車に乗らないと間に合わないので、発声にも三味線を持っていくことになります。
 
 
ギターなどをしょってレッスンに来る方もある中、明らかに三味線だろうと見て取れる物を携えてスタジオ入りする自分がシュールで笑えました(笑)
 
 
あっ、来月ですが、ここのスタジオのレッスン生で行われるライブに出演させていただくことになりました!
 
選んでいただけて、有り難いです!!
 
初めての体験ですが、歌でお客様に何かを伝える勉強をさせていただける素晴らしい機会をいただけて、嬉しくて幸せです!
 
楽しみながら頑張りたいと思います(o^∀^o)
 
 
発声後、いつもの電車に乗って着いたのは仲御徒町。
 
そこから歩いて20分かけて元浅草まで行きます。
 
 
途中で薄々気付いていましたが、
 
 
 
お、重た(__;) 
 
 
 
地面につかないように浮かせて支えていると、片手で持つのは中々に堪えます。
 
 
師匠宅では来月の会で演奏する難曲と三味線を二時間猛稽古。
 
これが本っっ当に骨の折れる曲で、大変です(>_<)
 
懸命に稽古しています。
 
 
 
三味線の不調も無事に治り、ほっと安心しました(*^_^*)
 
 
みっちり稽古をしていただいて、でも、充実感に浸っている場合じゃありませんでした。
 
 
今度は治った三味線を抱えて帰ります!
 
 
今日は外で食事をしようと思っていたので、三味線を抱えたまま上野まで出ました。
 
 
浅草ではあんまり浮かなかったのに、上野では見事に浮きました。
 
 
路上で三味線の弾き語りでも始めるのかと、皆さん振り返ります。
 
 
「見ないで〜」
 
 
と思いながらも、もはや片手で持てずに三味線の胴体を抱き締めながら必死に歩く姿が余計に視線を集めます。
 
 
 
頭も体もいっぱい使った後に食べるご飯は美味しいですね(●^ー^●)
 
 
三味線は立て掛けると危ないので椅子に座らせて。
 
はたから見たら友達がいなくて代わりに三味線とご飯を食べている人に見えて…
 
 
いなかったらいいなと思います(笑)
 
 
なんだかどっと疲れましたが、とても充実した一日でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

10月大歌舞伎鑑賞!!

 
10月大歌舞伎を鑑賞しに、歌舞伎座へ行ってきました!
 
 
一番のお目当ては、坂東玉三郎さんが、歌舞伎赤姫物三姫の一人、八重垣姫(やえがきひめ)を演じられる
 
「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」
 
〜謙信館十種香の場 
〜奥庭狐火の場
 
 
上杉謙信の娘、八重垣姫は、宿敵武田信玄の嫡子、勝頼と、両家の和睦のために許婚となる。
 
しかし、恋焦がれていた勝頼は後に、両家のいざこざの責任を果たすため切腹。
 
しかし切腹したのは影武者であり、勝頼自信は和解の鍵になる諏訪法性(ほっしょう)の兜を盗みだすべく、庭師として謙信館に潜入。
 
八重垣姫は庭師の正体を勝頼と見抜き、彼との恋を成就させるも、また彼の正体に気付いていた謙信の策略により、勝頼は使いに出される事になる。
 
道すがらには、暗殺者が待ち受けている。(十種香)
 
父の話を聞いた八重垣姫。
勝頼を助けるには、氷が張って船も渡れない湖を抜け、先回りして勝頼に知らせるしかない。
 
かくして八重垣姫は、勝頼の命を助けるべく、狐の神力を賜った「諏訪法性(ほっしょう)の兜」を携えて、兜に宿った狐に乗り移られた形で、氷の張った湖を駆け渡っていく…
 
 
といった内容のお話です。
 
以前に奥庭狐火の場をお勉強させていただきました。
 
出来ることなら今一度お勉強したい作品です。
 
少しでも何かを感じ取りたくて、食い入るように見させていただきました。
 
 
坂東玉三郎さんは、女形の役者さんの中でも別格と歌われる方で、私も大尊敬しています。
 
 
 
廿四孝を初めて拝見して、頭が痺れるような衝撃を受けました。
 
 
別格などという言葉ではくくれない、「坂東玉三郎」という芸術なのだと思いました。
 
品格の備わった優美な所作は、体の軸を泉が沸き出で続けているような、しなやかで芯のある清らかさ。
 
後ろ姿だけで感じる色香、品、恋に悩める姫の心持ち。
 
驚き、恥じらい、泣き、凄む姿も姫としての品格を失わず、華々しく見事で…
 
 
玉三郎さんは、様式美を重んじる方というイメージが強かったのですが、それ以上に内側に燃える思いが強く伝わってくることに驚きました。
 
芸の口伝の「静中の動」という言葉のとおり、様式美の中に煮えたぎった思いの丈が感じられるのです。
 
それを押さえることで滲み出る凄みある芝居に息が詰まるほど切なくなったり、緊迫したりと、その世界観に取り込まれてしまいました。
 
勝頼に知らせに行きたいのに、湖に氷が張って知らせられない歯痒さを唄った
 
「ええ、翼が欲しい、羽が欲しい、飛んで行きたい、しらせたい」
 
というフレーズは余りにも有名で、様式の中の様式であると思っていたのですが、それも、玉三郎さんの扮する八重垣姫の体を通して絞り出された瞬間、切なく涙を誘う血肉と魂の籠もった台詞になってしまいました。
 
 
台詞を言う、活字を人間の言葉にするというのは、こういう事なのか…と、その表現に圧倒されました。
 
 
 
感情は目一杯。 
 
しかし、感情のみに左右されない様式美。
 
 
かと思えば、ギリギリの線でリアリティーを含んだ、様式美とリアリティーのすり合わさった手やセリフがあったり…
 
 
そうした絶妙な芸の数々が観客を引き込み、時には大きく裏切りながら流れるように繰り出されて、見終わる頃には知らずに飲み込まれ、どっぷり浸かってしまって…
 
 
 
掴みようのない美しさでした。
 
 
 
玉三郎さんにしか見えない美の境地を垣間見せていただいた心持ちがします。
 
 
オンリーワンの、常に上を目指して戦い続けている役者さんなのだと思いました。
 
 
生の舞台に受ける衝撃は、いつも自分を奮い立たせてくれます。
 
 
今日受けた衝撃から新たな何かを生めるように頑張りたいと思います!!
 
 
目指すは、オンリーワンの表現です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

誕生日

 
10月16日
 
一年に一度の特別な日
 
誕生日です(o^∀^o)
 
 
14時19分に生まれました。
 
時計を見ながら時を待って、時間になった瞬間に、両親におめでとうを言っていただきました。
 
 
生んでもらったことに感謝する日。
 
でも、毎年もらう言葉は、
 
「生まれてくれてありがとう」
 
 
その言葉になぜだか毎年、嬉しさや切なさや、色々な感情を覚えます。
 
 
両親に急なお仕事が入ったので、近場にご飯とデザートを食べに行って、そこでお祝いをしてもらいました(●^ー^●)
 
 
22歳の目標は
 
 
もっと自力した人間になること。
 
恐れずに新しいチャレンジをすること。
 
 
 
そして、ずっと持ち続けている目標
 
 
本当の意味で優しい人間になること。
 
 
期待することは
 
 
たくさんの素敵な出会い。
 
 
希望を持って一年を過ごしたいと思います(●^ー^●)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

お琴、テレビ出演リハーサル!

お琴の師匠からご厚意をいただき、埼玉テレビで放送される邦楽番組に出演させていただくことになりました!
 
今月30日が収録です。
 
 
曲は「荒城の月」のアレンジで、ソプラノの歌も加わった演奏です。
 
 
第一琴、第二琴、低音琴、十七弦、三味線、尺八での演奏で、各パート一名。
 
 
私は第二琴で、主旋律のアレンジを担当します。
 
 
皆さんが耳馴染みの名曲ですので、主旋律のミスは許されません。
 
 
緊張しますが、頑張りたいと思います(*^_^*)
 
 
本日はお琴、三味線の稽古に加えて、演奏メンバーの方との音合わせ稽古がありました。
 
 
実際のテレビ局の方とのリハーサルの前の、稽古兼リハーサルです。
 
 
何度も何度も合わせ、やり直してやり直して。
 
 
結局八時まで及びました。
 
 
ピンとしたムードから打って変わって、奥様先生がご用意して下さった御夕飯を皆さんといただきました。
 
和気あいあいとした雰囲気で楽しくて…
 
手作りのお稲荷さんはとても美味しかったです(●^ー^●)
 
 
亡くなられた宗家のお姉さまは、とても料理の上手な方で、私が小さい頃からずっと、昔ながらの家庭料理をお裾分けして下さっていました。
 
ひじき、栗ご飯、煮豆、天ぷら、唐揚げ等々…
 
中でも大好物だったものがお稲荷さんでした(*^_^*)
 
お姉さまの味に似たお稲荷さんは、懐かしくて温かくて、緊張した心を穏やかにしてくれました(o^∀^o)
 
 
収録まであと少し。
 
 
皆さんと素敵な演奏が出来るように頑張ります!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

座頭市、ソーラン節、上映会!

今日は、座頭市、ソーラン節、連獅子の上映会を行いました!
 
 
出演した皆さんと学院のイベント会場のスクリーンで鑑賞してきました(o^∀^o)
 
大画面から感じられるあの時の興奮、臨場感に胸が躍ります。
 
 
熱くなって涙が滲んだり、掛け声をしたくなったり、体が勝手に動いたり…
 
 
各々の思いで皆さん画面に見入っていました。
 
 
久しぶりに座頭市とソーラン節を見て思うのは、本番で発揮される思いの塊は、練習でのそれを遥かに超越しているということでした。
 
 
実際にお客様が入られて、伝えるべき方々を実感して変化する表現に、思いのエネルギーが加わる瞬間が「生の舞台」の素晴らしさなのだなぁと改めて思いました。
 
 
皆さんの表情がとても素敵なんです(●^ー^●)
 
真っ直ぐで打算や濁りの無い思いや一生懸命さが、練習の成果以上のものを引き出してくれている気がしました。
 
 
 
自分の演技については、今になってもう一つ冷静に受けとめられるようになった気がします。
 
 
ようやく、演技後の高揚感や悔しさ等を含めて全て受け入れられるようになったというか…
 
納得や満足とは程遠いですが、あの時点で出来る精一杯の舞台を認めて、ようやく本当の意味で進む準備が出来たのだと思います。
 
 
あの瞬間にしか出来ない、きっともう二度と出来ない舞台が出来た。
 
でも、あの時と同じ舞台を二度と作ってはいけない。
 
次の舞台では、この時の自分よりも大きくならなければならない。
 
 
そう一歩引いて決心出来る今、あの時の自分をやっと抜け出せたのだと思いました。
 
 
いつまでも同じところにはいられません!
 
 
この作品を演じさせていただいた事実は誇りにして、次の一歩を踏み出したいです(o^∀^o)
 
 
 
また、誕生日が近いということで、先生、後輩からプレゼントをいただいてしまいました(m'□'m)
 
 
ディズニーグッズ、お風呂グッズ、フェミニンな小物やアクセサリー
 
 
大好きなものを大好きな方からいただけて、とても幸せです(ノд<。)゜。
 
本当にありがとうございました!!
 
 
来週の木曜日、いよいよ22歳になります。
 
 
誕生日を前に心機一転出来た一日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

銀ぶら2

朝稽古と夕方稽古の間、友人とランチに来ています。
 
目的は、銀座にある
 
「シンデレラと七人の小人達の食卓〜Princess Heart」
 
という、メルヘンの限りを尽くした可愛いレストラン(m'□'m)
 
 
 
 
 
 
…だったのですが、ランチが定休日の日だったらしく、涙を飲みましたorz
 
 
思い返すと、なんだか最近、予期せぬ予定変更ばかり(笑)
 
 
それが楽しいので良いのですけどね(o^∀^o)
 
 
12月に予定している女の子だらけのバースデークリスマスパーティーの会場下見に来たのですが、場所を確認して、別日に出なおすことになりました。
 
 
場所を変えて、打って変わって地鳥の専門店へ!
 
 
ふわふわでとろとろの親子丼をいただきました(^-^)
それから、前々から行ってみたかったカフェへ行ってみました。
 
「ぶどうの木」という老舗のカフェで、カフェ情報誌で良く掲載されているところです!
 
紅茶好きの友人と一緒だったので、迷わずそこへ。
 
ミルクティーを頼みました。
 
 
デザートは頼まなかったのですが、他に注文したお客様がいらして、そのテーブルの真横で直接バーナーやコンロでケーキに焦げ目を付けたり、アイスをのせたりするパフォーマンスがあって、目にも美味しかったです(●^ー^●)
 
喫茶室中に、バターや洋酒の良い香が広がっています。
 
 
やっぱり長く人気のあるお店は素敵でした。
 
店員さんの心配りが温かかったです。
 
 
今度はデザートを食べに行ってみたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

団扇とサインと恥ずかしさと

昨日は丸一日踊り通しだったので、スタミナをつけに稽古の合間に地元の中華屋さんに行きました。
 
意気揚々と母と食事にかかろうと思った時
 
「あの〜、」
 
 
と、お店の奥様から団扇を差し出されました。
 
 
私が三人写った見覚えある団扇を差し出されながら 
 
「ここにサインもらえますか(o^∀^o)?」
 
 
と一言。
 
 
あぁ〜Σ(# ̄□ ̄#;)
 
 
と、恥ずかしいやら恐縮するやら、てんやわんやしながらサインをした団扇は、無事に中華屋さんの壁にかけていただいています。
 
 
 
荒川区で主に配布された団扇なのですが、改めて区に配布されていたのだなぁと実感しました。
 
奥様や従業員の方が喜んでくださったのが嬉しかったです(●^ー^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

河口湖〜山中湖へ

昨日の日帰りドライブの続きです(o^∀^o)
 
 
河口湖を散策してから、車で移動し、山中湖の紅富士の湯に日帰り入浴をしに行きました。
 
内風呂の種類が充実している上、肌寒い気候に持ってこいな露天風呂が二種類。
 
中で少し温まってから、露天風呂に行きました。
 
友人とは、今日の楽しかった話から、お芝居の話まで、じっくり語り合いました。
 
まったりしながらも時々刺激があって、そこが凄くいいなぁと、いつも思います(●^ー^●)
 
 
本当はそのまま帰宅コースだったのですが、友人の一人から、忍野八海に行ってみたいという提案が!!
 
忍野八海とは、霊峰富士の山から分け出る八つの泉で、これがある村をまとめて忍野八海と言うそうです。
 
到着したのは夕方過ぎ。
 
さすがに観光客の方はほとんどおらず、不思議な村に迷い込んできたような錯覚をしてしまうような穏やかだけれどもピンとした雰囲気。
 
忍野八海には、龍が住むという伝説があります。
 
 
ちょっと怖い話をすると、八海にある洞窟に入ったダイバーさんは、生きて帰った方がいらっしゃらないのだそうです。
 
火山活動で入り組んで出来た泉に取り込まれて出口を見失ってしまいます。
 
その泉を覗き込むと、夜のように深い蒼に吸い込まれそうになりました。
 
 
近くには水深10メートルの文字がありますが、たぶん書かれていなかったら、そんなに深いとは分からないような…表面のキラキラした水面と、底で光る蒼が反射して、空のように果ての無い広さでした。
 
水魚が金や蒼に輝いて、飛んでいるように見えるんです。
 
どこまで高いのかわからなくて、でも掴めそうな気がする瞬間に似ていました。
 
 
八海の泉は、肉眼で見るより、写真に写ったほうが輝きと深さが増します。
 
普通の景色は、肉眼で見た美しさを写し出すのは難しいのに…そんなところも神秘的でした。
 
 
魚たちが光るたびに、水面に波紋が広がります。
 
 
また泉が姿を変えます。
 
 
ずっと眺めていたくなる景色でした。
 
 
 
帰りは高速を使って帰宅。
 
立川に着いて8時。
 
 
皆でご飯を食べて地元に向かいながら、濃厚な時間を振り返りました。
 
 
充実感でいっぱいで、眠ささえ心地いい…とても幸せな一日でした。
 
 
癒しと刺激をもらって、気持ちは満タン!!
 
 
 
見たい映画もやりたいことも、またいっぱいになりました。
 
 
また今日からのお稽古、頑張るエネルギーが増しました(*^□^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

河口湖へ

友人四人でレンタカーに乗って、目的地は、富士急ハイランド!!
 
 
 
 
…だったのを変更して、
 
 
 
河口湖を観光してきました!!(笑) 
 
 
車内で友人の一人が
 
「やっぱりまったりしたいねぇ(´∀`)」
 
 
「賛成〜(´∀`)」
 
 
満場一致でまったりゆっくりすることに。
 
 
 
高速を使わないで三時間かけて、やってきました河口湖!!
 
 
最初に名物の「ほうとう鍋」をいただきました(m'□'m)
 
 
 
 
ほかほかで、味噌の風味にホッとします(●^ー^●) 
 
 
 
友達のキノコが、マリオのキノコみたいでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

立川から→

朝、早起きして、今、立川にいます。


どうやら眠いらしく、立川に電車が着いたとたん、エナメルのバックがドアに巻き込まれてあり得ないはさまりかたをしました。

寝呆け眼が一気に起きましたΣ( ̄□ ̄;)


引っ張っても引っ張っても抜けないのを見兼ねて、私のせいで中々車内に入れないお客様が、皆さん助けて下さいました(ノд<。)゜


ありがとうございました!


今日は、お芝居の学院同期の友人に誘ってもらって遠出をする予定なのです(o^∀^o)

立川で待ち合わせた友人と向かうのは…!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

銀ぶら!

銀ぶら
 
ノスタルジックな響きで大好きな言葉です。
 
 
昨日のお話ですが、高校の友人と二人で、銀座に遊びに行きました! 
 
と言っても、この年で高価な遊びはまだまだ程遠いので、いかにお洒落でチープに遊べるかを、ゆる〜く実践したのでした(●^ー^●)
 
当初の目的は、映画を見ること。
友人の行ってみたかったタルトカフェに行くこと。
 
 
 
朝イチの映画を見るために、有楽町マルイに九時半に集合しました!
 
二人とも朝方。
 
時間より早めに落ち合えてしまいました(*^_^*)
 
 
 
お目当てのカフェは、外国のお家のような緑いっぱいの温かい佇まい。
 
 
大通りの喧騒からも離れて、ひっそりと優しく建っていました。
 
 
 
秋口の折、さつまいも、かぼちゃ、栗などを使ったタルトが限定であり、定番のベリータルトやチーズタルトなども、とっても美味しそう。
 
ショーケースの中のタルトは、光に当たってきらきらしていました(●^ー^●)
 
一階がテイクアウト専用のお店。
 
二階がカフェです。
 
 
螺旋階段をあがってみると、アリスのティーパーティーのような童話の世界を思わせる空間。
 
真っ白なテーブルにパステルのお花のテーブルクロス。
 
お花畑の中でくつろいでいるような気持ちになる開放的な空間でした。
 
悩みに悩んで頼んだのは、さつまいものタルト!
 
スイートポテトベースや、クリーム仕立てなど様々ある中から、さつまいもプリンと黒蜜で煮たさつまいもがアクセントになっているタルトに決めました!
 
 
 
 
自然な甘さにゴマの風味もきいていて、美味しくて美味しくて(m'□'m)
 
 
大満足な一品でした!
 
 
また必ず来たいと思いました。
 
結局、映画は取り止めて、散歩したり、ゆったりと銀座の町や雰囲気を楽しむプランになりました(笑)
 
マルイでウィンドウショッピングを楽しんで、本屋さんへ行って…
 
 
次回の予定をたてたり、まったりとした楽しい時間でした(o^∀^o)
 
 
高級なイメージのある銀座でしたが、裏通りのカフェや個人の洋服屋さんは、代官山の裏通りに似て、ふら〜っと立ち寄りたくなる魅力がいっぱいでした!
 
 
いつも歩く町の新しい姿を発見できました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

誕生日月!!

 
 
只今スタバで一休みしています。
 
夕方ふらりと買い物に出かけて気が付きました。
 
マルイの店員さんに
「今月はお誕生日月ですね!
おめでとうございます〜!(●^ー^●)」
 
 
 
あ〜〜〜っ!!
 
と思い出しました。
 
今日から10月なんですよね!?
 
一年って本当に早い(>_<)
 
16日で、私も22歳になります。
 
 
あぁ、年齢と共にちゃんと成長して行きたいと常々思います。
 
 
成長出来ているかは分かりませんが、ただ、今年は今までに無い挑戦や経験を積めた年になりました。
 
 
皆さんのお陰で、たくさんの思い出が出来ました。
 
 
嬉しさ、楽しさ、悲しさ、悔しさ、苦しさ、全部が
「良かった」
と、思えることが幸せだなと思います。
 
 
20代になってから、新しい気持ちで、生まれ変わってまた一からこの年代を生きたいと思いました。
 
 
20代をまた0歳から数えていくと、もうすぐ私は20代の2歳。
 
 
大人には程遠いけれど、変に凝り固まりやすい年頃かなと思うので、自分を戒める意味でも、そう考えることにしました。
 
 
もう立って歩けなければいけない歳です。 
そして、純粋に、様々な事を吸収していく歳です。
 
つまらない偏見にとらわれないで、柔軟になれたらと思います。
 
まだまだ失敗したり、自由にチャレンジしたり…そういう事に枠を越えて挑みたいです。
 
それから、愛情をくださる方々に、もっとちゃんと応えることが出来るようになりたいです。
 
無理な形ではなく、純粋に、優しい気持ちを忘れないで接することが出来たらと思います。
 
 
あと二週間ちょっと、20代の1歳として、悔いなく毎日を過ごしたいと思いました(o^∀^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

揚げ鶏のネギソース作りました

 
 
お昼までゆっくりな今日。
 
本日は一緒にお昼までお休みな宗家と二人分の昼食を作りました。
 
 
家は、揚げ物は全くと言っていいほどしません。
 
 
しかし、料理研究家の栗原はるみさんの、人気No.1レシピの「揚げ鶏のネギソース」をどうしても作りたくなりました!
 
 
前々から揚げ油は買っていたので、他の大皿料理に加えて、思い切って作ってみました。
 
 
ネギソースは、ネギ丸々一本と、唐辛子に、砂糖、醤油、酒、酢でつくる中華風ソースです。
 
 
ソースを作る間に、鶏ももの皮めにフォークで穴を空けてから酒と醤油に漬けます。
 
 
それから他の料理やスープを作りながら、鶏の頃合いを見ます。
 
 
揚げ油は中温に。
 
 
た〜〜っぷりの片栗粉をまぶして揚げるのがポイントみたいです(*^□^*)
 
 
カリッと揚げて包丁を入れると、サクッと良い音が!
 
ソースをかけて、付け合わせにブロッコリーを添えると、結構なボリュームのおかずになりました。
 
 
あまりしないことにチャレンジしている今日この頃、揚げ物作りはとても楽しかったです!
 
 
栗原はるみさんのレシピは、家庭的で温かいものが多い気がしていましたが、これは本格的な中華レシピでした。
 
 
サクッとした皮めとジューシーで柔らかい鶏とソースが絡んで、白いご飯に良く合います(o^∀^o)
 
 
おすすめです!
 
 
インターネットからも検索出来るので、是非お試しください!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »