« 10月大歌舞伎鑑賞!! | トップページ | 癒しと刺激のコンサートへ »

2008年10月21日 (火)

三味線珍道中

今朝、お琴を練習してから三味線を弾こうと手をかけると、三番の糸巻きが動かなくなっていました!!
 
 
不調の原因はわからず…どういうわけがガチガチに固まってしまい、いくら踏張っても、うんともすんとも言いません(ノд<。)゜。
 
 
このまま力任せにしたら壊してしまうと思い、師匠の元へ三味線を持って稽古に行くことにしました。
 
 
琴と三味線の前に、発声のレッスンがあります。
 
 
恵比寿のスタジオから間髪入れずに電車に乗らないと間に合わないので、発声にも三味線を持っていくことになります。
 
 
ギターなどをしょってレッスンに来る方もある中、明らかに三味線だろうと見て取れる物を携えてスタジオ入りする自分がシュールで笑えました(笑)
 
 
あっ、来月ですが、ここのスタジオのレッスン生で行われるライブに出演させていただくことになりました!
 
選んでいただけて、有り難いです!!
 
初めての体験ですが、歌でお客様に何かを伝える勉強をさせていただける素晴らしい機会をいただけて、嬉しくて幸せです!
 
楽しみながら頑張りたいと思います(o^∀^o)
 
 
発声後、いつもの電車に乗って着いたのは仲御徒町。
 
そこから歩いて20分かけて元浅草まで行きます。
 
 
途中で薄々気付いていましたが、
 
 
 
お、重た(__;) 
 
 
 
地面につかないように浮かせて支えていると、片手で持つのは中々に堪えます。
 
 
師匠宅では来月の会で演奏する難曲と三味線を二時間猛稽古。
 
これが本っっ当に骨の折れる曲で、大変です(>_<)
 
懸命に稽古しています。
 
 
 
三味線の不調も無事に治り、ほっと安心しました(*^_^*)
 
 
みっちり稽古をしていただいて、でも、充実感に浸っている場合じゃありませんでした。
 
 
今度は治った三味線を抱えて帰ります!
 
 
今日は外で食事をしようと思っていたので、三味線を抱えたまま上野まで出ました。
 
 
浅草ではあんまり浮かなかったのに、上野では見事に浮きました。
 
 
路上で三味線の弾き語りでも始めるのかと、皆さん振り返ります。
 
 
「見ないで〜」
 
 
と思いながらも、もはや片手で持てずに三味線の胴体を抱き締めながら必死に歩く姿が余計に視線を集めます。
 
 
 
頭も体もいっぱい使った後に食べるご飯は美味しいですね(●^ー^●)
 
 
三味線は立て掛けると危ないので椅子に座らせて。
 
はたから見たら友達がいなくて代わりに三味線とご飯を食べている人に見えて…
 
 
いなかったらいいなと思います(笑)
 
 
なんだかどっと疲れましたが、とても充実した一日でした!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三味線珍道中:

コメント

コメントを書く