« 母へのプレゼント | トップページ | 母の誕生日!! »

2008年10月27日 (月)

聖徳大学舞踊部、猛特訓!

 
 
月曜は、聖徳大学の日本舞踊部に講師として来ています。
 
いよいよ来月二週目の土日に、聖徳祭が迫ってきました!
 
 
OBと在校生による演目は、
 
藤娘(ふじむすめ)、蓬莱(ほうらい)、青海波(せいがいは)、京の四季です。
 
 
二日間ある学祭で、屋外ステージと劇場で発表する他、今回初の試みで、長唄部とのセッションがあり、充実したラインナップです。
 
今日は劇場の場当たりと、群舞の京の四季の徹底稽古をしました。
 
 
一人一人と対話しながら、その人の色や良さを引き出してあげられたらと思います(●^ー^●)
 
 
「振りは覚えなくていい」
 
とは、小さい頃から言われ続けた宗家の言葉です。
 
 
基本を大切にして、後はそれぞれの心で変わる表現、色が出てくるのだから、心を合わせても同じように踊るな!と言われてきました。
 
 
もちろん基本は守りながら。
でも、それ以上に守るべきものは、形に見えないものだと思います。
 
 
また、「藤川の振りを踊るから藤川流の舞になるのではない。藤川の心を踊るから藤川流の舞になるのだ。」。とも言われてきました。
 
 
何よりも大切な心の有る踊りを伝えたい。心を合わせること。心を伝えることがいかに大事か伝えたい。
 
まだまだ未熟な私が、真っ直ぐに自信を持ってお弟子さん方に伝えたい事です(o^∀^o)
 
 
稽古が終わったのはどっぷり暗くなる頃。
 
皆さんと一心に稽古に打ち込む時間はあっという間です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖徳大学舞踊部、猛特訓!:

コメント

コメントを書く