« お琴、テレビ収録 | トップページ | 藤川千代松さんへ »

2008年11月 1日 (土)

有り難い!お客様からの感想文

毎年、舞踊会が終わると、私と父の演目について、感想文を贈って下さる方がいらっしゃいます。
 
 
この感想文。
 
 
もう感想文などという言葉では語れない小説や論文のような作品なのです。
 
 
今年も先日。
 
 
その文章が自宅に贈られてきました。
 
いつもなら原稿用紙一冊なのが、今年は上下巻で原稿用紙ニ冊!!!!
400字の原稿用紙が100ページです!!!!
 
 
 
様々な見解から全てのシーンの意味を紐解いたり、論じたり、壮大で…
 
 
こんな風に感じてくださったのか!
 
という驚きや、好奇心が掻き立てられたり 
 
あのシーンの情感は、しっかりと伝わっていたのか!
 
という嬉しい実感があったり。
 
 
見解に用いられる書物も、日本だけではなく、中国など外国のものや、時代も、古代から現代に至るまで様々で、とても興味を惹かれます。
 
参考文献も贈って下さるので、そちらも大切に読ませていただいています。
 
今年は果たしてどんな内容なのか…今からわくわくしていますo(^-^)o
 
 
 
さて、今日は、お芝居でお世話になったアミューズメントメディア総合学院の学院祭です(●^ー^●)
 
 
連日お仕事をつめて、何とかうかがえるようになりました!
 
 
明日も応援に行ってきます!!
 
 
純粋な目や表現には、人の心を動かす大きな力があると、改めて感じた1日でした。
 
皆さん本当に素敵なんです!!!!
 
そしてまた「あ〜〜〜〜っ!表現したい!」
 
という衝動に駆られています。
 
 
現在、夜も更けています。
 
が、川辺を疾走しながら大声で詩を叫んだり歌ったりしたい気分です。
 
さすがにやりませんが、かなりの興奮状態です(笑)
 
明日の発表も、今から楽しみです(*^□^*)
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有り難い!お客様からの感想文:

コメント

お久しぶりです。
無事学院祭を終えました。もう最高の舞台でした☆
そのおかげでボロボロ泣いてしまいました。
家元には座頭市で舞台の楽しさや厳しさ、素晴らしさなどを教わったので今回の舞台もウキウキでたまりませんでした。
そして・・・僕にとってこのクラスと学院でやる最初で最後の舞台でした・・・
僕は家庭事情のために学費が払えず、11月2日を最後に退学しました・・・
正直まだまだやりたかったです。でも終わってしまった・・・だからこそ涙がとまりませんでした・・・
最高の舞台で終われたこと・まだまだやりたかったってことが混じりあって泣かずにはいられなかった・・・
しかしです。僕は諦めたわけではありません!!!舞台が忘れられないので!!!直接劇団に入ってしまおうと思います!!!
そこから声優の仕事とかできたらいいなぁなんて思ってます。
舞台に立ちたいって強く思えるようになったのは家元と共に汗を流した「座頭市」がきっかけです!!!
だから家元には感謝しています。舞台を教えて下さりありがとうございます!!!
道は違えど必ずもう一度舞台に立ってみせます!!!その時は告知に来ますね☆ではまたいつかお会いできる日を信じて(≧▼≦)

投稿: タオル | 2008年11月 5日 (水) 10時00分

タオルさんへ 


舞台、本当にお疲れさまでした!! 

学院での最後の舞台とは知りませんでした。

スポットの下での輝かしい笑顔。
舞台を愛する気持ちが全身からほとばしっている表現。

舞台上でのイキイキとした姿が今でも思い出されます! 

素敵でした! 

それはきっと、この舞台にかけた思いの深さが生半可な物でないからなのでしょうね。


舞台にかける気持ち、費やした代価がその表現の輝きや重みになるのだと思います。

これからも、夢に向かって走り続けるタオルさんを、応援しています(*^_^*)

私など何もしていませんが、タオルさんの夢のきっかけになれたこと、幸せに思います! 


座頭市、ソーランは、学生だけでなく、どなたでも参加出来るものです。 

良かったら来年の夏、再び一緒に舞台を作れたらと思っています(●^ー^●)

どうぞこれからも、ブログに遊びにいらして下さい!

そして、またお会い出来る日を楽しみにしています!!

投稿: 家元 | 2008年11月 5日 (水) 22時27分

コメントを書く