« ビリージョエルのコンサートへ | トップページ | 小旅行へ »

2008年11月19日 (水)

ビリージョエルのコンサート感想

 
目的地、東京ドームに着くと、そこはもう人山の黒集り!!
 
会社からそのままいらっしゃったスーツ姿の方。
おしゃれなおば様。
大人のカップル。
外国人の方。
 
様々な方がいらっしゃいます。
これだけの方が彼の来日、彼の歌を待っていたのかと思うと、なんだか感慨深く、彼の歌に感化された様々な人生がドームに集まっていくように見えました。
 
そう思うと、心や体を弾ませ、癒す音楽が、とても神聖に感じられました。
 
実は、友人に誘われるまで、私はビリージョエルを知りませんでした。
コンサート前にCDを聞くと、あまりにも耳馴染みがある有名な曲で、知らない内に浸透している音楽の力を感じました。
 
中でも「Piano Man」は素晴らしくて、是非生で聞きたくて楽しみにしていました。
 
 
開演と共に客席からこだまする歓声や拍手。
どどどどどどどどっと音をたてるそれらは今までに聞いたことのない数の喜びの音でした。
 
いつの間にか自分もその中の一人になっていました。
 
声や、指先から奏でられるピアノが、歌になり、音楽になります。
全身で表現する姿はパワフルで、音楽や曲は始めからあるのではなく、生み出されるものなのだと思いました。 
 
途中のMCでは
 
「ありがとう東京」
 
曲の中でカウントを
 
「いち、にい、さん、し」
 
アンコールの曲の冒頭に
 
「さくらさくら」
 
「上を向いて歩こう」
 
をジャズにアレンジして演奏するなど、東京のオーディエンスに応えようという優しさがたくさん感じられました。
 
「上を向いて歩こう」から「ピアノマン」を演奏する下りは、感動で涙が滲んでしまいました。
 
ピアノの音に優しさがあふれているんです。
 
 
表情や身振りから、コミュニケーションを取ろうという気持ちが伝わってきて、本当に素敵なお人柄なのが良くわかりました。
 
東京ドームコンサートだけあり、途中でジャイアンツのキャップをかぶって歌って下さったお茶目さがまた素敵でした。
 
 
ショーとしてパフォーマンスをしながらオーディエンスに応える姿はまさにプロ。
 
構えていないのに、人の心を掴んでしまうような。
 
むしろ掴むというより、人の心にすっと入り込んで内側から広がっていくような自然体の魅力のある音楽でした。
 
ピアノ演奏はもちろん、ギター演奏やスタンドマイクパフォーマンスには驚きました。
 
マイクスタンドと踊るように歌う粋な姿が焼き付いて離れません。
 
世の中には、想像もつかない格好よさを持った人がいるのだなと思いました。
 
 
全部の歌詞の意味がわからなくても、音の粒が生きて踊っていて、曲の意味が伝わってくるんです。
 
心から音楽を楽しむバンドマン達との音楽での会話も素敵でした。
 
 
 
そしてやはり、ビリージョエルといえばピアノ。
 
 
ラストソングのピアノマンの最後は、観客も一緒になってビリーと歌います。
 
ピアノとビリーの歌声とハーモニカと観客の歌声がドームで交ざり合って、幸せな気持ちを共有しているような感覚になり、温かくて優しい感動に包まれました。
 
人の心の中の叫びが声になって、歌になって、響き合って伝え合うものが音楽なのだと思いました。
 
 
歌の原点は、心の叫びを伝えたい、共に分かち合いたいという人の「愛」なのだとも感じました。
 
 
ドームがたくさんの愛に満たされていました(●^ー^●) 
 
今、とても幸せな気持ちです。
 
今、音楽が好きで好きでたまりません。
 
 
帰り道、「あーーーーー!!」っと叫びたい衝動にかられました。
 
嬉しすぎてです。
 
 
こんな風に心の声がそのまま歌になるように歌えたら、最高だと思いました。
 
 
こんな風に踊れたら、最高だと思いました。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビリージョエルのコンサート感想:

コメント

コメントを書く