« 有り難い!お客様からの感想文 | トップページ | 喫茶店「オンリー」 »

2008年11月 3日 (月)

藤川千代松さんへ

私が生まれる前から流儀にいらっしゃった大切な方。


小さい頃からよく遊んでくださって、見守って下さった方。


「千代ちゃん、千代ちゃん!」

と駆け寄れば、いつも優しくして下さった。


「立派になって…」

と、宗家との連獅子を心から喜んで下さいました。


前に書いた記事の感想文は、千代松さんの旦那さまによるもので、あの日にブログに書いた偶然に、不思議な力を感じます。


会の後からずっと入院されていて、今朝、亡くなられたとご一報がありました。

しばし放心してしまいました。

ただ、最後まで舞踊にかけた、素敵な姿が思い出されて、あぁ、良かった…と思いました。

そして、最後に、連獅子を再演出来て良かった。

何をすることも出来ませんが、これからも、心からの舞を舞うことが、ご供養になればと思います。


千代ちゃん!

本当に

本当に


ありがとうございました(●^ー^●)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤川千代松さんへ:

コメント

こんばんわ☆

流派の方・・・
御家元にとってはご家族も同然な方の旅立ち・・・

大好きでいてくださった方のためにも益々の精進を!

なんてこぁ・・はのじは申しあげられません。
御家元をそして流派を愛していらした千代松さんが
先日の公演をご覧になっていらしたこと
・・・それも入院直前に・・・
不謹慎かもしれませんが感動致しました。
きっと心から喜んでくださっていたと想います。

御家元もどうか御心おとしなさいませんよう。
御家元と千代松さんのエピソードを拝見するに
察するに千代松さんも御家元の笑顔が大好きだった方でしょう。

心よりご冥福をお祈り申しあげます。

投稿: はのじ | 2008年11月 5日 (水) 01時28分

はのじさんへ 


コメントありがとうございますm(__)m 

千代松さんの事、実感が湧かないながら、時間がたつにつれて悲しみも増しているような気がします。 


やはり、親しい方とのお別れは、いつも辛いですね。 

たくさんの思い出が心強く、千代松さんのエールが聞こえてくるようです。 


千代松さんの意志を継いで、笑顔で進んで行けたらと思っています(o^∀^o)

投稿: 家元 | 2008年11月 5日 (水) 22時40分

コメントを書く