« 藤川流舞踊会2008写真館~本番その4<舞台袖の攻防~本番へ> | トップページ | 藤川流舞踊会2008写真館~本番その6<袖の監修~座頭市・炎> »

2009年2月 9日 (月)

藤川流舞踊会2008写真館~本番その5<連獅子本番>

連獅子本番の写真をお届けします(*゚▽゚)ノ

793_small 798_small 802_small

登場。

宗家

狂言師  右近

家元 

狂言師 左近

親子の狂言師が、霊峰、清涼山の情景を描写し、獅子の子落としの伝説を語ります。

そして、前半の山場。

獅子の子落とし。

811_small

親獅子が、高い崖から子獅子を蹴落とします。

上ってきた子供だけを育てるという、獅子の世界の厳しくも愛情溢れる儀式が行われます。

激しい蹴落としの舞の後、いよいよ力尽きた子獅子は谷底へ・・・

わが子を信じて待ち崖から身を乗り出して探し続ける親獅子。

821_small 舞台上は崖の上。

花道は谷底。

二つのシーン展開が見ものです。

そして、谷底を流れる川に自らの姿を映した子獅子は、その水面に映る親獅子の姿に気が付き奮起!

826_small 一気に崖を駆け上って行きます。

片足飛びで駆け上り、親獅子の元へ。

827_small 842_small

喜びいさむ親子の獅子の舞で、前半は幕となります。

続いてお送りするのは、間狂言「宗論」

849_small 修行のために清涼山を訪れた僧、二人。

偶然にも宗派の相反する物同士が、道行となって修行をすることになったから大変です。

崇める神仏、経の違い、様々に食い違う宗派の論争が、面白おかしく演じられます。

ヒートアップするうちに、清涼山には雷鳴が轟き、嵐が起こります。

これは伝説の獅子が現れる前兆!と、二人が逃げ帰ると、いよいよ後半です。

845_small 客席には、こんなに沢山のお客様が!!

前半に絞りきった気力が、いただいた拍手を全身に浴びることで、ぐんぐん蘇ってきます。

お客様がいらっしゃらなかったら、とても出せないようなパワー。

お客様のお陰で舞台に立たせていただいていることを実感する、有難い瞬間です。

865_small

862_small

867_small_2 860_small_2 858_small_2 再び登場したのは、霊峰清涼山に住まう、伝説の獅子の親子。

一人前になった子獅子を祝うように、牡丹の花を掲げ、舞い狂い、最後には、その香を身にまとうように毛を振ります。

後半の見せ場

「毛振り」です。

お客様に心が伝わるように!

その一心で、気力と気迫で毛を振ります。

878_small 874_small

最後は怒涛の毛振り!!

881_small 王の座に着くという唄の下、崖を現した台の上下に親子の獅子が君臨し、見得。

一時間に及ぶ舞台の幕となります。

支えてくださったスタッフさん

温かく見守って下さった、舞う力を与えて下さったお客様

その舞で、目で、言葉は無くとも舞台上で稽古以上に様々な思いを教えて下さったご宗家

皆様のお陰で務めることが出来た大舞台。

関わって下さった全ての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に、ありがとうございました!!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501908/44011336

この記事へのトラックバック一覧です: 藤川流舞踊会2008写真館~本番その5<連獅子本番>:

コメント

こんばんは度々失礼しますソラです♪ そうです!そうでした。

客席のかみて一番後ろの席が、ぽっかりあいたのです。

立ち見は覚悟のうえでしたが、娘と座らせて頂きました。

本物を観せて頂いた感動です。 あの時が蘇えります。

なによりも、宗家に突き進んでいかれる家元の舞姿に

こころ揺さぶられる想いと、清々しさを一杯感じました。

投稿: ソラ | 2009年2月 9日 (月) 23時07分

おはようございます♪
初めて書き込みします。いつも日記観させて頂いてます♪
考え方、生き方、舞踊にかける思い、などすべてが素晴らしくて尊敬しています!
私も先生みたいになりたいです☆
ちょうど休みで見に行けた「連獅子」は今でも、鮮明に覚えています。
劇団にはいってから、なかなか機会がありませんが、お休みがあったらまたお勉強させて下さい!無理はせずに体に気を付けてください♪

投稿: ありさ | 2009年2月10日 (火) 11時32分

ソラさんへ


お嬢様とご一緒にお越しいただいたのですね! 

嬉しいです(●^ー^●)

また、お席があったとのことで安心しました。 

公演後に、三階まで立ち見だったと聞いて、有り難さと申し訳なさでいっぱいでした(>_<)


未熟な中でも一心に向かう姿勢だけは忘れずに舞おうと挑んだ舞台だったので、そんな風に感想をいただけて、幸せです。 


これからも、心で舞えるように努めていきます! 

ありがとうございます!

投稿: 家元 | 2009年2月10日 (火) 20時26分

ありささんへ 


いつもありがとうございます(*^_^*)また、コメント嬉しいです!


私などまだまだ勉強中の身で、恥ずかしいですが、ありささんが劇団で頑張られているように、一緒にお勉強しながら、もっともっと自分を研いて行きたいと思っています。 


次回の公演も精一杯頑張るので、もしお時間があったら、ぜひ息抜きにいらして下さいね(^-^)


劇団のお稽古、体に気を付けて頑張ってください! 
応援しています!

投稿: 家元 | 2009年2月10日 (火) 20時33分

コメントを書く