« 藤川流舞踊会2008写真館~本番その3<お化粧と衣装> | トップページ | 藤川流舞踊会2008写真館~本番その5<連獅子本番> »

2009年2月 8日 (日)

藤川流舞踊会2008写真館~本番その4<舞台袖の攻防~本番へ>

ここは、宗家の楽屋前。

出番が迫っての、お弟子さんの不安の残らないように、お弟子さんに声をかけたり、質問に答えたりしています。

735_small 736_small

私も袖に駆けつけました。

758_small

調度公演していたのは、大物、「鷺娘」!!

一度引っ込んで衣装変えをするシーンでした。

鷺娘は技術、体力を要する大変な作品です。

二度ほどお勉強させていただいたことがあり、今の辛さが手に取るように分かり・・・

思わず応援の念を込める手に、力がこもります。  

さて、出番が迫ってきました。

仕上げのために、大部屋に向かいます。

763_small

鬘をかぶり

手先の白塗り

最後に紅をさします。

764_small 769_small

紅をさすという作業は、人形に目を入れる作業と同じような気がします。

魂が宿るような心持がします。

仕度が調ったら、舞台写真屋さんに写真を撮っていただきます。

778_small ポーズを打ち合わせます。

783_small 場内には、朗々とアナウンスが流れます。

緊張と集中がピークに達して、力が漲る、舞台本番直前の状態になります。

後は、やってきたことを信じて、心を込めて踊るだけ。

出番前、前で構える宗家の大きな背中に、涙が出そうなほどに色々な感情が湧き、思わず、万感の思いで頭を下げていました。

自らの気持ちも全て役に重なって

親子にとって特別な演目「連獅子」の幕が、ついに開きます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501908/44001350

この記事へのトラックバック一覧です: 藤川流舞踊会2008写真館~本番その4<舞台袖の攻防~本番へ>:

コメント

コメントを書く