« 伊豆日帰り観光ツアー~河津桜祭り | トップページ | 13歳〜夏の思い出と懐かしい写真 »

2009年3月 3日 (火)

ホワイトひな祭り!と、伊豆の旅、こぼれ話

今日は楽しいひな祭りです!!

今夜はなんと雪。

ホワイトひな祭りは人生初で、なんだか特別な気がします(*゚ー゚*)

写真は、先日の伊豆ツアーで見てきた、工芸の「つるし雛」です。

1312_small 赤い目のウサギは魔よけ。

鶴には長寿。

柿やニンジンには健康を祈るなど、飾りの一つ一つに願いを込めて作られているのです。

いくつも並んだ雛飾りと、部屋中に飾られた飾りが華やかで、見事でした!

工芸品の向こうには、伝統を継いで来た人々の、温かい手が見えました。

余談ですが・・・

東京に帰る電車に乗る前に、駅弁を買おうと思っていたのですが、桜祭りの混雑で、なんと売り切れに∑(゚∇゚|||)

お土産街を見てまわるも、お弁当は見当たらず・・・

このままでは、到着の八時過ぎまでご飯が食べられません。

祭りの後も「伊豆バイオパーク」で梅や動物を見てハイキングをするなどアクティブに動き回り、尚且つお昼が早かったので、三人とも早くも空腹。

途方にくれていた時・・・

海鮮丼をおいている、いかにも美味しそうな地元のお食事処を見つけました!!

「美味しそうだね・・・」

「もう、この際、食べちゃおうか・・・」(まだ四時)

「・・・テイクアウト・・・できないかな」

「「・・・・・・・ああ!!」」

ご迷惑をおかけ出来ないし、一言尋ねるだけでも・・・と思い、お店に入りました。

お弁当のテイクアウトを遠慮がちに尋ねると

「魚介類は外に出せないの。

でも、天丼なら出来るかも!板さんに聞いて見るね(*^m^)」

と、粋な女将さんが。

「出来るみたい!外は寒いから、出来るまでお茶でも飲んで待ってね。」

と、お心遣いまで。゜゜(´□`。)°゜。

感謝の気持ちをありったけ告げて、下のお食事処の経営するお土産屋さんで三人とも買い物をすることにしました。

商いは、心でするものなのだと実感しました。

ただ売る。

儲かれば良い。

そんなことは微塵も感じない心の接客には、やはりこちらも心でお返ししたくなります。

舞台での、演者とお客様も同じだなぁと思いました。

1319_small 車内で感激しながら食べる皆の笑顔が清清しくて、青春したなと思いました(笑)

今まで食べたどんな天丼よりも美味しくて、沁みました。

女将さん、本当に有難うございました!!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトひな祭り!と、伊豆の旅、こぼれ話:

コメント

コメントを書く