« 中打ち | トップページ | いざ、京都へ! »

2009年7月13日 (月)

全身全霊で表現すること

本当の意味で【全身】で表現するということは如何に難しいか…日々痛感しています。


今年は、師匠や宗家との稽古、自分での踊りこみに加えて、取り分け客観的に研究することに重きを置こうと心に決めて励んでまいりました。


ビデオカメラで撮って見る。


何度でも試行錯誤して、イメージと現実のギャップを埋めるための糸口を探したり、逆に、思わぬ発見から新しい表現を生む事もしばしばあり、多角的に挑んでいます。


それから、歌詞、音の調べにもゆっくりとじっくりと思いを馳せて、全身から作品や役を表現するとはどういう事か…わからない事ばかりですが、苦心しながらも新しい観点から新しい表現を生むことを信じてやってきました。

自分稽古は、自分との一対一の勝負。


当然人は他におらず、ビデオカメラも置き位置で撮ります。


先日、機械オンチな私の不手際で、首から上が画面から切れた状態での鏡獅子が撮れました(笑)


一時間の作品の無駄撮りに愕然としつつ映像を見ると…


思わぬ発見が沢山詰まっていました!


顔が映っていると、無意識に表情に目を奪われて、【全身】というより、【表情に重きを置いた上での全身の表現】という意識に捕われた観点で見ていたようで…


首から下の映像は、本当にダイレクトに、体で表現出来ているかを正直に映し出していました。

足先の表情が足りない。


もっと体を使える場面なのに、物足りない。


感情や表情は動いていたのに、体は嘘をつく一瞬を発見したり…


音に乗って歌詞を表現しきれていなかったり、緩急が足りなかったり…

初めて、全身を客観視することを本当の意味で感じた思いがしました。


心をどんなにとしても、それがお客様に体を伝って届かなければ、それは無になります。


そして、客観的につめながら、どれだけ本気で心を懸けて、それを体に乗せて、嘘ではなく、言い過ぎでもなく、命懸けで舞台に懸けられるか!

大切な方々に笑顔や幸せ、感謝を届けたい。

生きる力をあげられるような舞台にしたい。

最後はやはり、思いの力が全てだと思います。

あと3週間でどれだけ追求出来るか…


新しい発見と、成長に懸けて、ただ一心に頑張りたいと思います!


明日はいよいよ京都、鞍馬へ発ちます。


心を動かして、今度は内面からも何かが生まれることに期待しつつ、行ってまいります!!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全身全霊で表現すること:

コメント

先輩 お疲れさまです。
毎日日記覗かせて頂いてます。
毎日お芝居ときちんと向き合えて自分に今何が足りないのかを日々追求している先輩を本気で尊敬しています。

全身全霊で表現するって難しいですよね
私も今秋の舞台の稽古の真っ最中なんですが、毎回思います
この子は全身をどうやって使って生きるんだろうって

去年の藤川流座頭市に参加させて頂いたときは、まだ表現をすると言う段階まで私自身が辿り着けて居なかった為、全身で表現と言うよりも全身で踊るの方が強くて、でもやはり簡単には全身を使って踊りきれなくて、

そーゆ意味では躍りもお芝居でお芝居は歌なんだなと思いました。

何言ってるかわかりませんよね(笑)

何が言いたかったのかと言いますと、表現は本当に難しいですよね。
でも私は、最後の最後まで常に最高の表現で私たちを楽しませて下さる先輩が好きです!

藤川流見に行きます!頑張って下さいヽ(´∇`)ノ
京都にもお気をつけて!

投稿: 杏奈 | 2009年7月14日 (火) 07時41分

杏奈さんへ


お久しぶりです!いつもありがとうございます(^O^)
この時期、熱い気持ちが抑え切れずに日記が暑苦しくなってしまって恥ずかしいのですが(>_<)でも本心から、出来るか出来ないかではなくて、これと思ったことに懸けて自分なりに精進して行きたいと思っています。

杏奈さんにも、向き合う大きなものがあるんですね。
踊りを表現に持って行くことを追求することは、やはりお芝居や歌や、あらゆる表現と同じ本質を持っていると私も思います。

とてもとても奥深くて掴み所の無いものですが、見えない物を表現することに意味があって、見えないからこそ心に届いたり、感動を生んだりする。それが本当に素晴らしいと思います。
心が揺れる時も、その素晴らしさを思い出すと、また進む勇気が沸いて来ます。
舞台、杏奈さんの言葉に恥ずかしく無いように、精一杯頑張りますね!

私も、杏奈さんのご活躍をお祈りしていますo(^-^)o
応援していますね!

投稿: 家元 | 2009年7月14日 (火) 10時07分

コメントを書く