« 明日の本番に向けて | トップページ | 胡蝶蘭 »

2009年8月 3日 (月)

藤川流舞踊会

 
 
皆様のお陰を持ちまして、無事に、フィナーレを向かえることが出来ました。 
 
 
関わってくださった皆様、心から、ありがとうございます。
 
 
諸先輩、諸先生方、真にありがとうございます。 
 
 
会場からの熱い声援に、計り知れないエネルギーをいただきました。
 
 
沢山の方々に支えていただいて、踊らせていただいている感謝に包まれました。
 
 
この有り難い、幸せな思いを、毎年、どうお伝えしたら良いのか…
 
 
言葉では、「ありがとうございます」としか言いようが無くて…
 
 
ただただ、踊ることに全てを込めて、思いを伝えること。
 
 
そこに、真摯に打ち込んで、ありったけの気持ちを込めて、「心で舞う」ことに命を懸けること。
 
 
私にはそれしかお返しする術がありません。
 
 
それでも、きっと足りないほどの皆様の思いに、また踊る意味や、心が生まれて、もっと頑張らねば、と、勇気が沸いて来ます。
 
 
 
鏡獅子の獅子の出までの間、手を合わせると感じた、舞台や、会場や、様々なところから溢れて感じる思いに。
 
 
こんなにも感謝の気持ちに包まれて、力をいただいて舞台で舞える幸せに。
 
 
満身創痍の体に、また力が沸いて来ました。
 
 
 
 
 
これから一層、精進して、踊りから、「生きる力を」お伝え出来るように、精一杯打ち込んで参りたいと思っております。
 
 
 
 
大切な方々のために踊ることに心を懸けて
 
 
真っすぐな気持ちを忘れずに
 
 
思いやりや優しさを忘れずに
 
 
 
 
昨日までの思いや感謝や学びを胸に、ここからまた気持ちを新たに、頑張って参ります。 
 
 
 
 
また、どうか、皆様のお力を貸していただけましたら幸せです。 
 
 
 
本当に
 
 
本当に
 
 
ありがとうございました。 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤川流舞踊会:

コメント


お疲れ様でした(*^_^*)

まさに、‘感動’でした。


若者たちによる群舞も、舞台稽古を観せて頂きましたが 一人ひとりの情熱や 気迫、思いが感じ取れ自然と涙が溢れました。

たくさん勉強させて頂き、感動を頂きました☆
ありがとうございました!


どうかゆっくりとお体を休めてあげて下さいね〜(^-^)/~~

投稿: 華-hana- | 2009年8月 4日 (火) 00時29分

お疲れ様でした!

客席で、じっと見せて頂きました。

あなたの姿を見ただけで、万感胸に迫りました

鞍馬寺には、私も、積もる雪の中、行ってきました。
いつかお会いした時に、色々とお話しできたらと、思っています

うす曇りの厚い雲の向こうにある、真っ青な天空の輝き…
青空はいつもそこにある

投稿: 滝沢ロコ | 2009年8月 4日 (火) 12時55分

華さんへ


華さん、お疲れ様でした!

毎年こうして遠方から遥々、本会に花を添えてくださり、ありがとうございます。
福岡、壱岐からの風に、また私も嬉しい刺激を沢山いただきました。

心のこもったお手紙、お品、大切に致します。

来年に向けて…

これからも宜しくお願い致します!

ゆっくりなさって下さいねm(__)m
本当にお疲れ様でした!

投稿: 家元 | 2009年8月 4日 (火) 22時27分

滝沢ロコ先生へ


先生…本当にありがとうございました。

先生にいただいたメールの言葉の一つ一つに、心から愛情を持って、一瞬足りとも逃さず見ていて下さった思いを感じて、涙があふれました。

私の方こそ、先生の生徒として学ばせていただけたこと、この上ない誇りです!!

先生にいただいた沢山の大切なものを、これからゆっくりと温め、育て、成長出来ますよう励みます。

そして…ちゃんと体を大切にします。

先生、本当にありがとうございました。
これからも、どうか、見守っていただけたら幸せです。

投稿: 家元 | 2009年8月 4日 (火) 22時33分

早いですね。。。あれから1週間。。。
まだ、瞳に、心に、余韻が残っています。
舞台の片隅で拝見させていただきました、ガッツリと(笑)

夫と共通の感想です。
今まではどこかで幼き頃からの御家元のお姿を想いながら
そのご成長に何だか親心と申しましょうか
そんな想い出に浸りながら幸せな気分になっておりました。

が・・・今年は何かが違いました。
明らかに今回ワタクシたち夫婦は「藤川を担う御家元の姿」を
はっきりと痛感いたした次第です。
これからも決してなだらかな道ではないと思います。
けれど・・・
どんな時も御家元を支える一輪であるワタクシになりたいと思います。

ソ組&座組の皆さんもバージョンアップというか
とってもまとまっていらっしぃましたね。

今まで以上にひとつの芸術が出来上がって
踊り手、観客、それを支えるスタッフの皆さんの団結力を感じました。

本当に素晴らしい会でした。

お疲れかと思いますが、くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

追伸:急遽駆けつけた知人も絶賛しておりました!

投稿: はのじ | 2009年8月 8日 (土) 16時30分

はのじさんへ


見ていて下さっている…という愛情を、いつも本当にありがとうございます。

終わってみると

新年の病をきっかけに、気持ちの上で沢山の変化があり、今年の夏に懸ける思いは、今まで以上に深く熱いものであったようです。

育てて下さった皆様からいただいたものを大事に、学びながらも、甘えずに「自分」で立たなければと、強く強く思っていました。

至らなく、未熟で仕方のない私ですが、その挑んだ形を舞台から感じていただけたのなら、こんなに幸せなことはありません。

スタッフさん方の絆も年々深くなり、受付、楽屋、そでなど、思いやりの応酬飛び交う舞台裏でした。


はのじさんご夫婦はじめ、スタッフさん、出演者の皆さん、そしてお客様、各関係者の方々。

皆様のお力添えあっての会でした。

改めて、支えて下さることに、感謝致しています。

これからも、どうか宜しくお願い致します。

ありがとうございました!!

投稿: 家元 | 2009年8月 8日 (土) 18時37分

コメントを書く