« ご挨拶と、感謝と | トップページ | 結婚式の写真1 »

2009年8月11日 (火)

刀の通し稽古〜銀座

午前中から、刀の先輩のディナーショーの稽古のお手伝いに出発しました!
 
 
本番さながらの通し稽古。
 
 
間近で沢山感じ入り、お勉強させていただきながら、音響や、スタッフ作業をさせていただきました! 
 
私がミスをすれば、表に歪みが出てしまうわけで…
 
 
 
そんな責任やプレッシャーも感じながら、少しでもお役に立てるように、間違っても一生懸命やろうと努めていると、改めて、いつも裏で支えてくださるスタッフさん方に、尊敬と感謝の念が沸いて来ました。 
 
 
先生の門下生の一員として、尊敬する、そして大好きな先生と、先輩と、メンバーの皆さん、スタッフさん方の愛のこもったショーの成功のために!
 
 
少しでも力になりたい!
 
 
熱い気持ちで、暑い午後が更に熱気を帯びて感じられました。
 
 
 
 
夕方から、お仕事で母と銀座へ。 
 
 
銀座四丁目は、華やかながらゆったりしていて、歩くととても癒されます。
 
 
考えてみると、久々の銀座…ふと、稽古と自宅の往復で、勉強や仕事で各地を訪れることが全てになって、この夏に懸けて過ごしていたことに思い当たりました。
 
 
 
それは苦ではなく…とてもとても幸せな時間です。
 
 
毎日毎日、そこに向かって足掻く。
 
 
足りない、出来ない…未熟さを思い知らされる度に、また進むチャンスも同時にいただいている。
 
 
生きてる!と思える程、心から打ち込めること。
 
 
そうした後にやってくる、こうした穏やかな日。
 
 
 
 
 
全く異なる時間だからこそ、両方を感じると、より一層どちらも活きて感じられるように思えます。 
 
 
毎日がお勉強。
 
 
知らないことばかり
 
 
出来ないことばかり
 
 
だから、進める。
 
 
 
 
色んな浮き沈み、移り変わり、人とのご縁、交わりがあって、生きていることは本当に幸せなことだなぁと思いますo(^-^)o

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 刀の通し稽古〜銀座:

コメント

コメントを書く