« 結婚式の写真2 | トップページ | 粉ものパーティー1 »

2009年8月16日 (日)

平和

先日、お芝居の学校の恩師である、滝沢ロコ先生の、朗読会へ行ってまいりました。 
 
先生は、表現のお仕事を幹に、平和への願いを込めた活動をなさっています。 
 
場所は、大宮図書館。 
 
 
氷川神社参道に面した場所にあります。 
 
 
 
 
会場へ着くと、まず一番に、お出迎えをなさっていたロコ先生にお会い出来ました! 
 
 
わぁっと温かい笑顔で向かえて下さった先生。 
 
 
先日の橋弁慶をご覧いただけた感謝で感極まり、いっぱいになっている私を
 
 
「あなたを見ただけで涙が出そう。良く頑張ったわね。」
 
 
と、優しく抱きしめて下さいました。 
 
 
学生の頃から、先生の人を心から思われる愛情の深さに、授業から、お話から、いつも感動していました。
 
こんなにも、本気で誰かを思い、誰かの痛みを感じ、喜びを分かち合える愛情深さ…先生の言葉や行動の一つ一つから、分かろう、伝えよう、分かり合おうという、愛が伝わってくるのです。
 
 
それは、本物の愛で、本気で思ってらっしゃるから伝わる愛で。
 
 
 
「どんな表現も、根底に全て愛がなければ」
 
 
「俳優の優は、すぐれているという以上に、『優しい』ということ。優しい人になりなさい」
 
 
たくさんいただいた言葉の中でも、先生とお会いして思うこの二つのメッセージは、やはり特別な響きで、いつも私を導いてくれます。
 
 
 
 
作品
 
 
「想い出のサダコ」
 
 
 
語りと
 
 
生のピアノ演奏
 
 
 
後はもう、しずしずと、言葉や音楽から、溢れる思いが伝わってきました。
 
 
 
なんというか…もう、本当に、言葉になりません。
 
 
言葉にしたくないとも思いました。
 
 
この思いは、今吐き出すのではなくて、ちゃんと温めて、未来に繋げていかなければならないと思いました。
 
 
今ある幸せ
 
 
平和
 
 
自由
 
 
 
 
当たり前ではない沢山のものは、沢山の犠牲と過ちと涙の上にあります。
 
 
経験した方からの思い。
 
 
それを受け継いでいらっしゃる方々の思いの担い手になって行くには、まず、自分を愛して、人を愛せる、優しい人間になることだと思います。 
 
 
やはりこうして文章にするのは難しいのですが…
 
 
いただいた気持ちを大切に、大切に、行動として、表現として現すことが出来る担い手になっていけたらと思います。 
 
 
 
 
世界中と 
 
 
世界に生きる全ての方の心の内が
 
 
愛と
 
 
命の輝きと
 
 
平和で溢れた
 
 
優しい未来を、切に願います。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和:

コメント

なんと!
過分なお言葉に、思わず赤面してしまいました…
こんなにも深く感じ取って頂けて、私はもう、うれしくてたまりません。
お忙しい時間を割いて、わざわざお出かけ下さっただけでもうれしいのに…

やっていてよかったと、つくづく思います
やはり、続けてきてよかった…

私の言った言葉を、今も忘れずにいてくださるなんて・・・

ありがとう。
本当に、ありがとう・・・

あなたの熱い眼差しが、忘れられません!

投稿: 滝沢ロコ | 2009年8月19日 (水) 01時11分

滝沢ロコ先生へ


先生、とんでもございません。
こちらこそ、本当にありがとうございました!!

この気持ちを言葉でお伝えしきれない事がもどかしいです。

いつも、先生からいただいた感動は、時が経つにつれて大きさを増して、心に染み入っていく思いがします。

まだまだ沢山、いただいた大切なものがあります。

辛い時、立ち止まりそうな時、迷った時…いつも支えられています。

人や自分、役や、作品に対する優しさや、愛や、幸せを見いだすことを忘れずにいたいと思えます。


本当に本当にありがとうございます。


心から尊敬しております。

先生の願い、思いが、こうして沢山の方々の心に根付き…また、世界中へ届きますように…

投稿: 家元 | 2009年8月19日 (水) 22時28分

コメントを書く