« 胡蝶蘭 | トップページ | 刀の通し稽古〜銀座 »

2009年8月 8日 (土)

ご挨拶と、感謝と

会が終わってから、沢山の温かいお言葉をいただいて、本当に励みにしております。
 
ありがとうございますm(__)m
 
 
 
 
当日の高揚も、翌日には、自ら感じる反省や悔しさ等で、すっかりゼロに戻り…
 
 
 
 
あぁ、こんなことではいけないな。
 
またここから、真っさらになって始まるのだな。
 
 
と、静かに闘志が沸いて来ています!
 
 
 
そんな折にいただくご厚意の数々は、疲れた心身に染み入るようで、本当に有り難く感じております。 
 
 
 
本番の翌日から、お電話、お便り、直にと、ご挨拶にあがらせていただいています。
 
 
 
先日は、お芝居の学校でお世話になった先生方のご挨拶へ、学院へ行って参りました!
 
 
 
この学院で、先生方と、仲間と巡り会い、学び、時を過ごせたことを、心から誇りに思っています。
 
 
今の私があるのは、あの掛け替えの無い時間があり、そして、そのご縁と絆に、今も支えていただいているからだと思っています。
 
 
ナレーション、アテレコでお世話になった先生は、有り難いことに授業後に待っていて下さり、ランチをご一緒させていただきました(>□<)
 
 
そして、その後、インフルエンザ患者続出で急遽、学級閉鎖になり帰られた朗読、舞台でお世話になった先生方と、素晴らしい偶然で、帰り道でバッタリ再会!!
 
 
お盆があけるまでお会い出来ないことを嘆いていた時に!やはり有り難いご縁というものをヒシヒシと感じます(^人^)
 
 
嬉しいことに、お茶に誘っていただき、それから夜近くまで、ずっとお話をして下さいました。
 
 
 
たくさんの温かいお言葉、励まし、そして、挑戦することについての後押しと激励の数々に、また勇気が沸いて来ました!!
 
 
本当に本当にありがとうございましたm(__)m 
 
 
お一方の朗読の先生について着物のお店にうかがった際に、女将さんが記念にと、写真を撮ってその場で現像して下さいました。 
 
 
 
 
 
宝物にして
 
 
この気持ちをまた大事にして
 
 
ここからまた気持ちを新たに、頑張って行こうと思いますo(^-^)o 
 
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご挨拶と、感謝と:

コメント

コメントを書く