« 喝!! | トップページ | これは何でしょう? »

2010年6月 7日 (月)

旭水扇一家元、家元襲名25周年記念舞踊会

 
旭水流舞踊会、盛会の中に幕を閉じました。
 
 
旭水流のお家元は、私の漠然とした想像の中の未来を現実にして、先陣を切って闘ってらっしゃる先輩です。
 
 
若くして家元を継がれて
 
 
25周年
 
 
昨日は、その記念すべき公演。
 
 
 
 
一門を守る家元。
 
 
会を取り仕切る会主。
 
 
家庭を守る主婦。
 
 
ご息女お二人にとっての師匠。
 
 
母。 
 
 
全てを担ってなお、素晴らしく務められた舞台。
 
 
中でも、操り三番叟には、万感の思いが詰まっていて、本当に本当に感動しました。
 
 
これだけの多くの方々が一丸となって会をするには…キラキラとした舞台の裏側で、沢山の人の汗と涙と愛があります!!
 
 
舞台裏の戦争や、事情、そういったモノを感じさせないのは、当たり前でありながら、至難の業で…
 
 
自分の中でせき止めるモノ、処理するモノが、責任を伴えば伴う程に増えていくし、守りたい気持ちが大きければ、自分の何かを代償にすることも増えるし。
 
 
歩みを止めないことは、そういったモノが増えることで、それでも歩き続けることが、知らぬ間に積み重なって今になっているのかなと…
 
 
まだまだ道半ばの私は、やはり漠然と思うしか出来ません。
 
 
歩き続けることがどんなに大変か。
 
 
25年という私の人生にも満たない年数を歩き続けてらした扇一お家元の歩みと、背中を、心から尊敬しています。
 
 
長い道のりの途中で、ふと、自分の今を思います。
 
 
諦めずに歩いて来た今だから、どんな自分であったとしても、まず受け入れて、今出来ることをしたい。
 
 
積み重なった時間の先端の今が、一番発展途上で、一番幸せですo(^-^)o 
 
 
あ〜っ、言葉にしがたいエネルギーでいっぱいです!!
 
いただいた素敵な気持ちを力に変えて、頑張りたいと思いました!!
 
 
写真は、旭水扇一お家元と、楽屋にて(^O^)/
 
 
お家元、旭水流の皆様、関係者各位の皆様、お客様、本当にありがとうございました!!
 
 
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭水扇一家元、家元襲名25周年記念舞踊会:

コメント

コメントを書く