« 名古屋へ | トップページ | 積み重ねるもの »

2010年7月 7日 (水)

二代目五月千和加さん、襲名舞踊公演

二代目五月千和加さん、襲名舞踊公演

 
 
本日は、母と国立劇場へ。
 
 
 
二代目五月千和加さんの、襲名舞踊公演に行ってまいりました!
 
 
嬉しいことに、以前より、仲良くさせていただいておりますm(__)m
 
 
楽屋で五月流のご流祖、二代目先生、皆様にご挨拶をさせていただき、千和加さんにエールを送りつつ、楽しみに会場へo(^-^)o
 
 
幕開きは、二代目千和加さんによる、長唄・操り三番叟。
 
 
清元・船頭は、二代目五月千介先生。
 
 
常磐津・年増は、8月1日の藤川流舞踊会に特別出演下さる、流祖五月千王先生。
 
 
トリに再び、千和加さんによる、義太夫・本朝廿四孝。
 
 
みずみずしさ。
 
 
美しさ。
 
 
三代に渡る芸と絆と愛が溢れた、舞台も会場も楽屋も温かい、素晴らしい公演でした。
 
 
十代で重責を担う…
 
 
その重み。
 
 
故の覚悟。
 
 
千和加さんを思えば、自らも内側から疼くものがあり…だからこそ、心から共感して、微力ながら応援の気持ちを送り続けたいと思いました。
 
 
千和加さん、本当に、おめでとうございます!
 
 
沢山パワーをいただきました。
 
 
刺激をいただきました。
 
 
私も!!と、8月に向かって、俄然、燃えてきました(^O^)/

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二代目五月千和加さん、襲名舞踊公演:

コメント

コメントを書く