« 藤川流舞踊会2010〜当日チケット詳細〜 | トップページ | ソーラン、座頭市の思い出 »

2010年8月 2日 (月)

藤川流舞踊会2010終幕

この度、藤川流舞踊会2010。


お蔭さまを持ちまして、無事に終えることが出来ました。


ご来場賜りました皆々様。


支えて下さった関係者各位の皆々様。


出演者の皆々様。


誠に、誠に、ありがとうございました。


私にとっては、4つ全てが違った形の挑戦で、正に奮闘公演でありました。


課題や悔しさが多々残る中…皆々様の愛にお力をいただき、何とか最後まで走り抜くことが出来ました。


感謝の気持ちでいっぱいでございます。


いただいたお気持ちをお返し出来るよう、これからなお一層精進して参ります。


そして一番には…


藤川流が、皆々様と共に楽しみを分かち合い、幸せを共有出来る場所たる道を模索しながら、邁進して参りたい所存でございます。


今後とも、藤川流を、何卒宜しくお願い申し上げます。


藤川流舞踊会2010にご参加下さいました皆々様が、少しでも楽しい時間をお過ごしいただけたならば幸いです。


後日ブログにて、表裏密着取材をしていただいた写真を、お載せしたいと思っておりますので、思い出の一日として、ご一緒に振り返れましたら嬉しゅうございます。


雨に始まり、暑さの絶えない長い一日でございました。


皆々様には、どうかお体ご自愛下さいませ。


何度申し上げても足りませんが…


心より御礼申し上げます。


ありがとうございました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤川流舞踊会2010終幕:

コメント

本物の感動をいただきました。

いつもの如く?涙腺決壊でした。
温かく厳しく背中を押していただきました。
素晴らしいチームワークに震えました。

むぅぅぅ~~~今日から新たな気持ちで生きるパワーをいただきました!

長々となりましたが・・・

両手一杯の「感謝」を捧げます!

追伸:浅草組を筆頭にワタクシの友人達は御家元の可憐な色香に熱中症デス(笑)

投稿: はのじ | 2010年8月 2日 (月) 12時43分

はのじさんへ


お蔭さまで、温かく活気溢れる会になりました。

応援下さり、誠にありがとうございました!

こちらこそ、沢山のパワーを、ありがとうございました!

ご主人様、浅草の皆様にお会いでき、また幸せでした。

皆様にとって、それぞれに思い出深い会になったなら嬉しいです。


どうぞこれからも、来年も、宜しくお願い致します!


はのじさん、ありがとうございました!


皆様、ありがとうございました!


色気は要習得項目です。お恥ずかしい限りです(>□<)

投稿: 家元 | 2010年8月 2日 (月) 23時16分

初めての日本舞踊、新鮮で楽しむことが出来ました。

奥深い表現は初心者の私にはまだ十分に理解できないところも
ありますが、それでも幸せな気持ちになりました。
何故か?
今もこのコメントを書きながら思い出しても気分がウキウキします。

衣装、舞台セット、演出と繊細かつ綺麗でずっと見ていたい気持ちにもなりました。
特に澄十郎さんの2回目のステージ衣装、紫、薄緑、純白とても印象に残っていて、私のお気に入りとなりました。

舞台の最後方の幕を揺らしていたのは、演出として風を表現していたと
思ったのですが、この理解は正しいですか?

今回は友達が澄若菜さんの知り合いだったので、楽屋にも入れ
舞台裏の慌ただしさや緊張感、それに対し舞台での優雅さの
ギャップにも感動しました。またスタッフの多さに驚きましたけど。

観客に若い人が多いのにも驚きました。あのような綺麗な衣装に踊りに
興味を持つのも分かるような気がします。

観客の掛け声も良かったです。雰囲気を盛り上げて、私もいつかは。。。

今回は時間がなくて全て見れずに残念です。特に大勢で踊る舞台を
見てみたかったです。
また機会があれば是非見たいと思います。

今後も活躍されること祈っています。 ありがとうございました。

投稿: やま | 2010年8月 2日 (月) 23時49分

やまさんへ


熱いメッセージ、誠にありがとうございました!
幸せな気持ちになっていただけて、様々に感じていただけたなら、本当に嬉しいです。

鷺娘では、衣装がかなり重要な表現ポイントでありました。
演出もしかりで、幕を揺らす演出効果は風を。紙吹雪は、前後二層にわたって降らせ方や照明を変えて、奥行きを持たせるなど…壮絶な地獄を美しく切なくもり立てて下さりました。

色んな総力の結集があの日の舞台全てを創って下さいます。

衣装、セット、証明、道具、顔、鬘、演奏、写真、ビデオ、進行、司会…

裏で人知れず一日走り回って下さったスタッフさん、受付の皆さん…他にも全ての沢山の方がお気持ちを注いで下さる現場には、それぞれの戦いがあって、楽屋裏は想像を絶する戦場になってしまう時もあります。

興行ではない。年に一回の集大成に、出演者も皆さん懸けている。

若い皆さんも努力の賜物。最高の一回をご披露下さいました。

そして、会場に様々な層の方がいらして下さり、温かい。
やまさん始め、お客様があって初めて成立する舞台です。

心より感謝申し上げます。

掛け声は「大向(おおむこう)」という、これを仕事にされた先生方の芸術で、この9時間に及ぶ会の、一番一番、一人一人の名前を、割れんばかりに呼んで下さっています。

こうして振り返っても、こんなにも沢山の方が色んな思いで浅草公会堂にいらして下さったのだなと、感無量です。

また来年は、新たなご縁と感動が詰まった一日になると存じます。

また是非とも遊びにいらしていただけたら幸せです。


応援下さり、本当に本当に、ありがとうございました!!

投稿: 家元 | 2010年8月 3日 (火) 23時33分

コメントを書く