« 三善英史さんライブ本番〜四ツ谷区民ホール | トップページ | 都山流尺八演奏会〜関東大会 »

2010年9月17日 (金)

華扇会

華扇会
華扇会


三善さんのライブ完徹後、衣装替え。


向かうは国立大劇場。


「華扇会」


花柳春師匠と諸先輩方が出演なさっており、ずっとお手伝いにうかがっていた会の本番です。


お手伝いには間に合わないながら、先生方の演目前には到着出来、ご挨拶。


拝見しました。


紙面でしか知らなかった舞台美術と演出が形になった美しさに、息を飲みました。


満開の枝垂れ桜がスクリーンの絵とライティングで表現され、散り花が降る度に、平面であるはずの桜が、立体的に具現化されます。


谷崎潤一郎「細雪」を舞踊化した一番。


夢、うつつ、哀しみ、喜びを表現された総合芸術。


全てが「美」でした。


先生が立ってらっしゃるだけで、哀しみが掻き立てられる。


眺める視線から、桜が会場にまで満開に感じられる。


素晴らしい舞台でした。


一にも二にもやはり「心」


そして、「品位」「格調」「美」


「人間力」「魅力」


舞台一番を務めあげるため


その一回のため


自分の毎日を懸けて生きたい


何度でも何度でも、塗り重ねるように改めて実感します。


たくさんの学びをいただいた舞台でした。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華扇会:

コメント

コメントを書く