« バレンタイン | トップページ | 藤川流壱岐支部舞初め会〜リハーサル »

2011年2月17日 (木)

茶の湯音頭

茶の湯音頭


先日の新年会を終え、お琴の新曲をいただきました。


『茶の湯音頭』


お茶席でお点前の際に演奏される曲で


弾く心得は、十二単を来てしゃなりと演奏するように


そして、お点前と共に演奏が始まり、お点前と同時に終わるように出来ているので、それを見越した演奏が要されるのだそうです。


お茶席のBGMになるのだから、早弾きしてしまったら、お点前がとっちらかってしまうでしょう…と師匠。


慌ててお茶を立てガッチャガッチャになり


慌てて飲んでバッシャーン…


そんなお茶席をイメージすると、本当に、台なしです(笑)


雅やかに弾けるようになりたいと思いました!


今日NHKにて、昨年の東芳会本会で演奏させていただいた『赤壁賦』が放送されているのをたまたま発見しました。


芸能花舞台という番組で、再放送もあるそうです!


哀愁あって美しい曲なので、お時間ありましたら是非ともo(^-^)o

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茶の湯音頭:

コメント

こんにちわ☆

とんだ早合点@@;
ワタクシの勘違いで御家元が出演された会のものと大騒ぎ!
夫と二人正座してTVに見入っておりました(笑)

投稿: はのじ | 2011年2月21日 (月) 17時13分

はのじさんへ


こちらこそ、紛らわしいブログ、失礼致しました!


芸能花舞台は、別の方が演奏なさったもので(>_<)


東芳会では、師匠、替手の先生、尺八の先生との重奏で、花舞台の演奏と比すると緩急の多い、早弾きやソロを交えた構成で演奏させていただきました。


懐かしく曲を聞いてついブログに書いてしまい…すみません(>_<)


気にかけていただけて嬉しいです!


ありがとうございました!

投稿: 家元 | 2011年2月22日 (火) 01時04分

コメントを書く