« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

アメリカ紀行5日目~ラスベガス散策!

542_large 553_large

昼間のラスベガスは、指すような日差し。

方やグランドキャニオンはマイナス1度、体感マイナス5度という・・・

夜に眺める街とはまた違った街の姿は、別の街に来たような気持ちになる変わりよう。

ホテルプラリネットハリウッドは、ハリウッドのテーマホテルです。

人気のピンクスのホットドッグを食べてみたり、スターウォーズのキャラクターを見つけて写真をお願いしたり・・・

546_large

551_large

歩いて見る全てが新鮮でした。

ラスベガスに帰る道すがら、アメリカの古きよき道路、ルート66にも立ち寄りました。

色んな人や色んな事、その時出会ったままを感じて、思い立ったら即行動!!

やっぱり、自分の足で歩くのが一番!!

495_large 491_large 496_large 492_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

アメリカ紀行4日目~ラスベガスの夜

大自然から、再び、ラスベガスへ帰ってきました!!

そしてこの日から、夜のショーへは着物を着て行って来ました!!

593_large

本当は最終日の夜のみ着る予定でしたが、ここに来て、思い切って着物で街を歩きたくなりました。

アジアの人という印象から『日本人』だとハッキリ伝わる事で、良い意味で、色んなアクションを皆さんが起こしてくださる機会が増えたのが、嬉しい発見でした。

私は日本人なのだなぁ・・・と、嬉しく深い感動でした。

相変わらず色んな方にキッカケと機会さえあれば話しかけて、フランクに打ち解けて仲良くなってと、コミュニケーションにワクワクして街を歩き歩き・・・

散策をしつつ、MGMホテルへ

523_large 532_large_2

シルク・ドゥ・ソレイユのショー、『KA』(カー)を見てきました!!

双子の王子と姫が住む船の上の平和な王国に、滅亡を目論んだもう一つの王国が夜襲をかけ、平和の国は一時壊滅。

生き残りバラバラになった双子の兄妹が、残った仲間とそれぞれ困難を乗り越えて、王国再生へ向け、敵国へ戦いを挑み・・・

といった内容でした。

存在しない国の言葉を発する異国の人間が、技と表現だけで物語を展開していきます。

火を使った演出がメインで、室内に火や花火が上がります。

ラストは驚きのあまり、気づいたら涙がずっと溢れてしまっていました。

シルクは全世界からのお客さまが毎日のように訪れるボーダレスな世界で、性別や世代や国に関わらない優しい場所です。

純粋に感動するのは、その世界観に安心して全てを忘れて没頭できるからなのだと感じます。

素敵な一夜でした。

写真は、親切にしてくださった、シルクのお兄さんと!

529_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

アメリカ紀行~3、4日目~グランドキャニオン

432

写真に写りきるはずの無い絶景でした。

厳密には、視界に入る範囲で、東京から神戸までがスッポリ入ってしまう。

何も無い。

時間と自然だけの世界でした。

夕日。

朝日。

どちらも天候に恵まれ観賞することが出来ました。

綺麗。素晴らしい。美しい。大きい。

どれも当てはまるのに、どれも当てはまりません。

言葉にならないという言葉の本物の意味を、たぶん、生まれて初めて体験したのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

浅草公会堂にて

夏に向けて慌ただしくなってきました!


が、楽しみなことも、新しく始まるチャレンジもいっぱいで、大変な反面有り難い毎日です。

浅草公会堂でのお稽古後、空の舞台を見ながらの打ち合わせへ。


夏の会がいよいよ具体化されていく事にワクワクします。


スタッフの方や、クリエーターの方とお話がじっくり出来る場所の楽しさ!


その熱さを誰も笑わない。


真剣な楽しさ。


創る現場や人の輪、大好きです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

藤川流舞初め春の会

藤川流舞初め春の会
藤川流舞初め春の会
藤川流舞初め春の会


日延べしていた、藤川流春の会。


昨日無事に行うことが出来ました。


心の込もった踊り。


会場の優しい雰囲気。


和気あいあいとした楽屋。


真剣で楽しい優しい会場全体の空気に、改めて感謝を致しました。


皆さんが作って下さる会だから、随所に皆さんの心を感じ…


こんなに沢山の思いやりある優しい方々に恵まれ、藤川は幸せであると思うのです。


藤川を一つのエネルギー源として、踊って交流して得られるものが、皆さんの人生を豊かにしてくれたら幸せです。


次は7月17日、夏の本会。


また沢山の笑顔にお会い出来ることを楽しみにしております。


どうぞ宜しくお願い致します!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

アメリカ紀行3日目~朝日~グランドキャニオンへ

モニュメントバレーの朝日。

275_large 281_large 287_large

朝日には、自然の始まりを感じました。

こうして毎日、朝が来るのか、と。

当たり前なことかもしれません。

でも、当たり前と感じていることの幸せ。

とても大事なことを思い出したのでした。

318_large 326_large 343_large

西部劇の舞台でカウボーイ体験。

涙の雫のような岩場、ティアーズロックも美しかったです。

とにかく、何もかもが大きい!!!!

しかし、もっともっと、思いもよらないほど雄大な自然が待っていました。

期待に胸を膨らませて、グランドキャニオンへ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

アメリカ紀行~2日目~モニュメントバレー

モニュメント・・・記念碑に見える様々な造形の自然の彫刻が並ぶ、西部劇の景色がそのまま残っている、ナバホ族の聖地。

モニュメントバレーに到着。

夕日を眺めました。

233_large 237_large

一面の荒野に、夕日の光が吸い込まれていきます。

太陽と空を眺める時間を、こんなに贅沢だと思ったことは、初めてかもしれません。

宿泊したのはナバホの方が運営なさっているロッジ。

223_large_2 257_large

部屋からの眺め・・・正に自然の真っ只中。

夕食に、ナバホ族の民族料理、ナバホタコをいただきました!!

揚げたパンに、タコスのようなソース、野菜にふんだんの豆類がのっていました。

お皿いっぱい、お腹いっぱい、美味しくいただきました(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

アメリカ紀行~2日目~アンテロープキャニオン、ホースシューベント

081_large_2 早朝ラスベガスを出発し、数時間。

煌びやかなベガスの景観は一変、見る見る沙漠の中へ・・・

173_large 広大な大地に到着しました。

そして現れた洞窟。

アンテロープキャニオンです。

鉄砲水が岩を砕いて、更に、砂と水がヤスリをかけるように岩肌を削り・・・

長い長い年月をかけて、幻想的な砂の洞窟を創りました。

104_large_2 120_large 146_large

166_large

洞窟の天井から太陽が差し込む日中のみ、光が屈折して、洞窟内が温かいオレンジのグラデーションに染まります。

歩いている最中も砂が降ってきたり、刻々と自然に変容している洞窟に、命を感じました。

そして、またまた数時間。

川が岩肌をぐるりと削って出来た渓谷、馬の蹄の名を持つ、ホースシューベントに到着しました。

見下ろす景色が、ど、ど、ど迫力!!

207_large 記念写真が命がけです。

分かりずらいのですが・・・

私がいる柵も無い崖は、東京タワーのてっぺんと同等な高さなうえ、吹き荒れる爆風が壮絶。

写真をお願いしてしまった手前、必死の鬼気迫る笑顔。

ちょっとシュールな一枚になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺激いっぱい!

刺激いっぱい!

 
 
いよいよ、夏に向けての稽古が本格化して来ました!!
 
 
稽古を終えて、夜。
 
 
昨晩は、英会話の先生ご夫妻と、同じレッスンのメンバーで、劇団ひまわりの友人二人が出演している舞台、『アンネの日記』を見てきましたo(^-^)o 
 
 
 
小川潤子ちゃんとは、芝居のお勉強をしていた時の同期です。
 
 
いつも色んな刺激をくれる彼女。
 
 
彼女達が舞台上で『生きてる』!と感じる度に、もの凄く感動したのでした。
 
 
先日はまた、5月大歌舞伎も勉強させていただいて…頂くものが沢山な今日この頃。
 
 
夏の舞台、良いものにしたい!思い切り生きたい!と、気持ちを新たにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

母の日

母の日


母に感謝する日です。


『ありがとうございます』


に、全部こめて、今年は置いて眺めて使って和む、香炉をプレゼントしました。


日頃の疲れを癒して、これからも、元気で癒し系な母でいて下さいm(__)m


余談ですが最近の母…


『鬱陶しい』と、髪の毛をセルフカットして、突然右側面と左前髪のみがごっそり無くなっていて驚かされました…(昨日美容院で修復されました)


驚くことに、合計2カットだけでゴッソリいってしまったとか…1カットで一体どれだけ切ったんでしょう(笑)


母自身も爆笑。


相変わらず、笑わせてくれる、我が家の元気印です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

5月宗家稽古

5月宗家稽古


5月宗家稽古。


本日も、松の緑、手習子の基本稽古でした。


手習子は『くどき』の下り…折り返し地点まで入りました。


基本を踏まえた上での役の表現。


一瞬一瞬で役が変わり、子供〜老人まで、一人の人間が表現するのは至難の業ですが、それが可能なのが日本舞踊の素晴らしさの一つだと思います。


芸の上での表現の可能性は計り知れません。


表現を自由自在に行うために必要なものこそ、軸になる『基本』であると感じます。


基本以外は全てが自由である。


自由と型の狭間に、無限の域が広がっているのを感じる度に、芸の奥深さを感じます。


自由になるためにも、基本の繰り返しがとても大切だと感じる、今日この頃ですo(^-^)o

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

アメリカ紀行~1日目

12時間程かけて、ロサンゼルスに到着、アメリカに無事入国。

国内乗換え後、いよいよラスベガスに到着しました。

スロットにネオンに・・・空港内からおもちゃ箱のような楽しい雰囲気でいっぱいです。

バスに乗って十数分。

世界各国を表したテーマホテルが立ち並ぶメインストリートに!!

エッフェル塔、自由の女神、ピラミッド、ベネチアの水辺を行くゴンドラ・・・アメリカということを忘れてしまうような景観に、ただただあんぐりしてしまいましたΣ( ゜Д゜)

そして、街が最も美しくなる夜。

026_large 526_large 537_large 539_large

ベネチアのテーマホテル、ベネチアンを散策、夕飯をいただいてから、冒険がテーマのホテル、トレジャーアイランドへ。

ホテル前にある海賊船で行われたフリーショーを見てきました!!

044_large 038_large

炎は上がるは、花火は上がるは、水柱は上がるは・・・無料ショーでこの迫力って!!と、いきなり度肝を抜かれました。

観賞後は、TIホテル内へ。

最初のお目当てである、シルク・ドゥ・ソレイユの『ミスティア』を観劇してきました。

シルクについては、また改めて・・・

初日から、来た甲斐を存分に感じてお腹いっぱい。

余韻に浸りながら、翌日に備えてスーパーにて大量に水を購入。

翌早朝はいよいよ、大自然、グランドサークルへ出発です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »