« 9月第1回、家元基本講習会 | トップページ | ニコニコハンバーグ »

2011年9月 3日 (土)

地唄『雪』

9月から、様々なお稽古の本番や、新曲への入りが始まりました。


花柳春先生の元での舞踊修行も、山場の曲に入りました。


地唄の頂点。


女性の表現と心理描写の全てが折り込まれ昇華された難曲。


地唄『雪』


先日、先生より


『今日から雪に入ります。時間をかけて今やらねばならない。』


と伝えられた時の空気…体と精神がシンっと静かに研ぎ澄まされたような緊張感に包まれました。


それから、誰も何も発しない曲のみが響く中で、先生について、最後まで一度通して踊らせていただきました。


霞を掴むような感覚で、左隣の先生の存在の一瞬も逃すまいと見つめるうち、稽古ながら我を忘れて胸がいっぱいになった一瞬がありました。


この至近距離で、至高の芸を目の当たりにして、あまりの美しさに息が止まった一瞬でした。


偉大な先生から、偉大な口伝をいただける幸せ、誇りにして向き合いたい。


とても神聖な気持ち。


先生方、先輩方、仲間への尊敬の念は、いつも私に進むパワーを与えてくれます。


凄い方々に恵まれている今、出来ないことが当たり前なのだから、色んな事に真っさらに向き合って、そして挑戦しないと!


『雪』から、また始めます。


9月、やっとエンジンがかかってきましたo(^-^)o

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地唄『雪』:

コメント

お家元の舞台が、今から楽しみです。^^

己の道を正面から進まれるお姿、
ご自身のお身体ひとつで励まれるその後ろ姿は、
後をつく者が自分の道を踏みしめる力にもなります。
それはきっと、光にも似通って居るのです。

迷わず進んで居るつもりで、気付けば立ち止まりうずくまり、
息切れのするような日々に。

私にとって、藤川の先生方と、ほんの僅かなお時間でも ご一緒に過ごせる事、
その存在から受け取る全てのものの重み
そして頂戴するお優しいお言葉は、
たとえようの無い程、大きな幸せです。

ありがとうございます。

(人)

投稿: 汀 | 2011年9月 5日 (月) 23時08分

汀さんへ


こちらこそです。


汀さん始め、皆さんからいただく愛を持って初めて前に進むことが出来ます。


まだまだ未熟で、立ち止まり、間違い、その繰り返しですが、皆さんの愛に酬いることが出来ますよう、精進致します!


どうか今後とも、一緒に歩いてやって下さい。


温かいコメント、ありがとうございました!

投稿: 家元 | 2011年9月 6日 (火) 15時03分

コメントを書く