« 第45回東芳会 | トップページ | 10月第一回家元講習会 »

2011年10月 5日 (水)

つい…

つい…

 
 
シュークリームが並ぶと…
 
 
計ってしまう。
 
 
もちろん
 
 
一番大きいのを食べる。↓今回のNo.1。
 
 
 
今は好きな洋菓子ですが、中学生くらいまで、生クリームを食べると気持ち悪くなってしまって、食べられませんでした。
 
 
プリンも食べられなくて、和菓子しか食べられず。
 
 
洋菓子で唯一食べられた大好きなカスタードクリームの入った、シュークリーム。
 
 
思い出いっぱいシュークリーム。
 
 
だから、クリームいっぱいのを食べたいシュークリーム。
 
 
少し苦しい…大きいのを食べたいことについての言い訳でした。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つい…:

コメント

微笑ましい思いです^^
幼い頃、よく姉と『大きい方』を取り合った事を、思い出しました。
(我が家では、じゃんけんが標準でした。)
いつしか、どれを選ぶ、と言う事も無くなった事に気付き、
そして郷里でまだ小さい子供達が、昔の私達のようにそうする姿を思い起こしますと、
人とはそう言った何気ない事さえも、手放しては受け継いで行くものかな、と思えたりもします。

それはさておき、食文化の発展はとどまる所を知らず、
昔では考えられない程の良質で多種多様なデザートが溢れ返って居ますね。
『あんまり美味しくないお菓子』、本当に出合わなくなりました。
嬉しいけれど、恵まれ過ぎても居るような。
……年寄りくさいですね;

投稿: 汀 | 2011年10月11日 (火) 19時53分

汀さんへ


子供の頃にしていたことや、感じていた気持ちを思い出すと、何だか愛おしい懐かしい気持ちになりますねo(^-^)o


確かに!今は色んな美味しいものに恵まれていますよね!


ただ、甘い煮豆や、サツマイモのおやつ、キンカンの甘煮のような、母親の懐かしい手作りのお菓子も大好きで。


思い出と結び付いた味は、何だかより美味しく感じますよねo(^-^)o

投稿: 家元 | 2011年10月12日 (水) 20時14分

コメントを書く