« 国民文化祭・京都2011 | トップページ | 中国公演~天津公演その1 »

2011年11月26日 (土)

中国公演2011~北京上陸

11月6日。東京を出発。

常磐津東蔵先生が団長をなさる、日本伝統文化事業団の一員として、中国公演に参加させていただき、団員の皆さんと、中国へ赴きました。

舞踊チームは、衣装さん、顔師さん、三ツ面子守の後見道具管理役の母、そして私。

055_small

北京に上陸。東京よりも乾燥して、刺すような寒さ。

早速バスで天津へ。

会場へ向かい、下見。打ち合わせ。

076_small

ホテルに戻り正装して、会食会へ。

明日の夜公演に列席下さる、天津民主政府の方々に歓迎いただいた。

071_small 067_small

終始和やかなムードの中、文化談義に花が咲く。

締めに、明日からの公演の成功を願って乾杯。

中国の乾杯は、宴席でお互い手が届かないとき、丸テーブルの角にカチカチっと杯を打ち鳴らすのだそう。

軽快な音に気持ちもカラッと晴れ、前途洋洋。

明日はいよいよ初日の幕が開きます!

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501908/53336408

この記事へのトラックバック一覧です: 中国公演2011~北京上陸:

コメント

早朝のご出発でいらした事を思い出しました。
こちらは、まだ昼間の日なたであればいくらか過ごしやすいですが、あちらは日中もお寒かったのでしょうか?

中国には、一度行ってみたいです。
貌形が日本人と区別が付かない民族でありながら、言語から習慣、価値観まで全く異なるお国の有りようが、とても不思議に感じます。
そして国内の中華料理も美味しいですが、やはり本場にも興味があります。(笑)

投稿: 汀 | 2011年11月30日 (水) 17時54分

汀さんへ


空気が乾燥しているせいか、体感温度が低く感じられました。

同じアジア人だからこそ、こんなにも違う事が面白く良い意味で刺激的でした。毎日至る所に発見がありました。それがまた中国を感じると共に日本を感じる瞬間で…文化は奥深くて面白いですね。
違って分かり合えるから、なお面白いですねo(^-^)o

中華はそういった意味で、本番の味でしたが、北京は日本の味に近かった印象です。日本にない初体験の味も沢山ありましたが、美味しかったですよ(^O^)/

投稿: 家元 | 2011年11月30日 (水) 23時09分

コメントを書く