« 中国公演~親睦&バースデー | トップページ | お琴の収録! »

2011年12月14日 (水)

中国公演~最終公演~そして帰国へ

11月13日 

最終公演の日を迎えた。

団員の皆さんと、旅をして、舞台を重ねて、心打ち解けて。

ラストは、その集大成で、思い出深い一回となった。

衣装、お化粧、一つ一つの魂のこもった仕事に包まれる。

仕度の中で「行ってらっしゃい。」「行ってきます。」と心が通う。

231_small 232_small 233_small

表情が引き締まる。これで最後だ。

幕が上がる前の舞台上。地方、下方、太夫の先生お一人お一人と目を合わせて「ありがとうございます。ありがとうございました。」の気持ちをこめて「宜しくお願い致します。」とお辞儀。

パートナーの母とも、固い握手を交わした。

舞台に手をつく。舞台に、そしてまだ見ぬ客席に、お辞儀をする。

礼を尽くす。そんな踊りを踊りたい。

238_small 

盛会の内に幕を閉じた全公演。

公演直後、空港へ急ぎ、上海へ発つ。

名残を惜しんでの打ち上げ。終わらなければいいのにと思うほど楽しかった。

11月14日、夕刻、帰国。

長い長い旅が終わった。

もう一度

古典に向き合おう

もう一度

本当にここから「本気の本気」になろう

人生を賭して芸に仕事に生きる方の生き様に、そう思った。

「道という字は、首を懸けると書くんだ」

という、宗家の言葉を思い出す。

「芸道」に生き、伝統を、文化を伝え、交流すること・・・

この旅で芽生えた熱を、自分なりに形にして行くことが、道になればいい。

大きな信念を持って、小さな一歩を積み重ねて生きたいと思う。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501908/53482763

この記事へのトラックバック一覧です: 中国公演~最終公演~そして帰国へ:

コメント

とても素敵な全日程でしたね。
直に拝見したかった、やはりそれに尽きるのですが、
欲張らず、いま許されている全てに感謝して、
得られるもの、感じ得るものを取り零す事無く、
大切に身につけて参りたいと思います。
積み重ねとは、一度に出来ないものですね。
当たり前の事ではありますが、
もどかしさを押しころすのも錬磨、と心得、
焦りに打ち勝たねばなりません。
自身を高める事さえままならない日々ですが、
お家元の足取りが頼もしく、
また顔を上げて前へ進める
そんなお力を頂いて、頑張る事が出来て居ます。
ありがとうございます。

投稿: 汀 | 2012年3月12日 (月) 19時55分

コメントを書く