« 中国公演~天津公演二日目 | トップページ | 中国公演~北京公演その2 »

2011年12月 3日 (土)

中国公演~北京公演その1

11月9日

北京は一ヶ月ぶりで、また、めったに無い快晴になった、とガイドさん。

前回北京公演で上陸した際も、同じく快晴に恵まれた事を思い出し、神秘的に感じた。

北京首都師範大学礼堂にて公演。

Large_2

この日の模様を、記事で取り上げて下さった。

終演後は、北京の屋台街ワンフーチンのレストランにて団員の皆さんと団欒。

初めていただいた本場の北京ダックがあまりに美味しく感動。

ホテルへの道すがら、バスで夜の北京の夜景を観光させて下さり、しばしゆっくり。

すると、ワンフーチンに向かう途中も、あの「紫禁城」をぐるりと一周し、ガイドさんの一番のお得意である解説があったことが判明。

ガイドさんに「あなた全然聞いて無かったよ」と言われ気づく∑(゚∇゚|||)

車内で完全に落ちていたらしく・・・大変悔やまれた・・・

ガイドさんとは初日にして仲良くなり、沢山かまっていただく。団員の皆さんとも良く笑いあって、こうしたやりとりが、また楽しい一時。

ホテルに着いてから、女性陣に誘っていただき、夜の街で始めての乾杯!

こうして語らったり労ったり、絆が深まるのが嬉しい。

もっともっと、団員の皆さんとチームになりたい。

結束が深まると、深まる舞台の深み。

にじみ出るものが、この先もっともっとあるのだと思うと、明日の公演がまた、楽しみで仕方が無い。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501908/53392011

この記事へのトラックバック一覧です: 中国公演~北京公演その1:

コメント

北京では、晴天が少ないのでしょうか?
私は小学校の修学旅行が東京だったのですが、
その時、どう見ても薄曇りの空を指して、
『今日は珍しく東京も快晴です』
と説明された事を思い出しました。
今は、東京も晴れた日は青空を見る事が出来ますね。
時代が変わると言う事を、実感する思い出です。

この日はお疲れでいらしたのですね^^;
逃す事には、逃すべく意味があり、惜しい事には変わりありませんでしょうけど、
それもまた導きであった事と思います。

お家元の書かれる記事を拝見するにつけ、物事は始まりと終わりと、
そしてその先と後とで成り立っている、
そう感じる所です。

投稿: 汀 | 2011年12月14日 (水) 00時16分

汀さんへ

数年前より、北京の土地の4割近くに森林が植えられたそうです。環境保護の一環らしく、それ以前に訪れたときより空気が清んでいて、あまりの変化に驚きました!

ただ年間通しても、雲ひとつ無いような天気は、数えるほどのようです。

劇場を出て、バスに乗り、目を開けたらレストラン近くで・・・寝ていたことにまず気づきませんでした(笑)早く終わるのはこの旅始まっていらいだったので、安心したのかもしれません。

「物事は始まりと終わりと、そしてその先と後とで成り立っている」というお言葉、感慨深く拝見しました。

中国公演自体が正に、それを強く実感するものでした。

「その後」こそ今後の自分次第。そう思って過ごす昨今です。

投稿: 家元 | 2011年12月14日 (水) 15時47分

コメントを書く