« 『江戸の藝を味わう6』〜つぼ合わせ | トップページ | 『江戸の藝を味わうシリーズ6』下ざらい »

2012年3月26日 (月)

藤川流舞初め会『春の会』

宗家年頭のご挨拶から


藤川流舞初め会『春の会』


めでたく開演。

1960_small

今回は会の前に師範名取の免状授与式が執り行われました。


名取4名


師範2名


誕生致しました。

免状を受け取る時

感無量に
また、嬉しさいっぱいに
緊張した面持ちであったり
目に涙を浮かべていたり



ご自分の道を生きてらした今までや、これからの未来への展望を映すかのように、皆さん『いい顔』をなさっていました。

また、それを見守る皆さんも。


藤川の冠の名を呼ばれた、師範名取の皆さんの生まれたての顔を、私は今後、決して忘れません。

心に刻んで、共に歩いて行きたいと存じます。


幕開きからトリまでの一舞台一舞台にも、皆さんの稽古の姿が映ります。

更なる飛躍を誓って。


また、リベンジに燃えて。


楽しく楽しく、この会に参加出来ることを生きがいにして。


舞台に向かう姿
踊る姿
帰ってらした時の表情


舞台に臨む皆さんお一人お一人にドラマがあるのです。


踊りを通して色んな思いが一つの船に乗り込み、藤川流45周年の波に乗る!活気ある会となりました。


『会場や客席での触れ合いが楽しい!』と言っていただけるのが、またとても嬉しく、それが一番大切なことだと感じています。


ますますお互いが手を取り合い、結束し、芸を通して人生をさらに華々しく昇華して行けますように…


心から願っております。


最後は景気よく三本締め!


参加下さった皆様、遠方より足を運んで下さった皆様、ご家族、ご友人、出演者の大事な大事な皆々様…丸一日、本当にありがとうございました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤川流舞初め会『春の会』:

コメント

ありがとうございました。

改めて言葉を探しますと、それ以外には何も見付かりません。
本当に、有り難く、嬉しく、充実した時間でした。
この身には余る程の勉強を、させて頂けました。

心より、御礼申し上げます。
そして、またどうぞよろしくお願い致します。

投稿: 汀 | 2012年4月 1日 (日) 12時49分

汀さんへ


練習の成果が花開いた舞台。


うれしく拝見させていただきました。


次のステップに向けて、改めて、一緒に頑張って参りましょう!


素敵な一幕を、ありがとうございました!

投稿: 家元 | 2012年4月 2日 (月) 14時57分

コメントを書く