« 3月第一回家元講習会 | トップページ | 出演のお知らせ »

2012年3月11日 (日)

3月11日

一年たっても癒えないもの


一年たって薄れたもの


記憶や目に見えるものは当時のように鮮明でなくなった


報道も少なくなった


記憶より、心に留めて忘れず歩くことが、唯一出来ることだと思う、今日です。


今日です。


一年前の。


お悔やみ申し上げます。


そして、ただただ、祈ります。


出来ることがあるなんて、おこがましいことは思いません。


ただこれからも、真っすぐに踊り続け、踊ることから力をあげられることに終始して、しっかり今日を生きていくことで、失くなった無くなった亡くなった沢山のものに、捧げたいと思います。


黙祷


2012年3月11日


藤川 澄十郎

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日:

コメント

一年、と一言で表すと、
何だかどこにでもある普通の言葉のようですが。
この一年は、きっと全ての日本人にとって、
昨年の3/11と言う点から
今日と言う点に向かって結ばれたようなものでなく、
ずっと途切れる事無く続いて来た、
線の形をした一年、
だったのだろうと、思って居ます。

一年前、不安と絶望で独り何度も何度も泣きました。
そして今日は、その時と同じように、
やはり何度も何度も泣きました。
日本中が、きっとそうだったのだろうと、思います。

心を痛めない日は、ありませんでした。
忘れようとした事も、ありませんでした。
出来る事は、あまりにも少なくて、もどかしい思いも、否めませんでした。
そうして、それは私一人の事ではないのだと、気付きました。

そうであれば、
これからのこの国は、きっととても豊かで、
三月十一日と言う日は、将来的に、必ず良い日になります。
人が人を思い遣る、互いに労り合い、手を差し伸べ合う、そんな日になります。
今日から何年掛かるか分かりませんが、そんな未来が、いつか来る筈です。
そうして行く為に、出来る事は必ずあると、信じて居ます。
願う事は、出来る事です。
出来る事は、必ずあります。

お家元の、このようなお美しいお心に触れ。
その後をついて歩ける事は、大変誇らしい事です。
どんなに遅れて進んでも、願う事は同じであると、
心強く一歩を踏み出し続ける事が出来ます。
そうして、ふと振り返って下さった時、
微笑んで頂けるよう、私達も、笑います。

皆、一緒です。
大切な、家族です。

投稿: 汀 | 2012年3月11日 (日) 22時47分

大変で悲惨な災害でした。この災害を教訓とするため、できることは次の天災への備えをすることですね。
「減災」。お家元が仰る通り、忘れないことが大切ですね。

投稿: D | 2012年3月12日 (月) 12時44分

汀さんへ


三月十一日が、将来的に、汀さんのおっしゃるような象徴的な日になればと…信じて、心に根差して進みたいですね。

一人一人の力は小さいですが、そんな日に変わる未来を願う人のベクトルが増えれば増える程、太く強くなればなる程

遠くない未来に、そう感じられる日へ繋がる道は作られる。

信じたいですね。これからを生きる私達の責任であり、弔いであり、感謝の形になると信じて進みたいです。


汀さんのお気持ち、心強く、有り難いです。


今後とも、関わる全ての方とのご縁と絆を一つ一つ、大事にしていきます。

投稿: | 2012年3月13日 (火) 00時09分

Dさんへ


そうですね。

自然の脅威は防げない。

けれど、私達の予想の範疇を越えたために、大なり小なり起きた人災が現状を更に悪化させてしまったことが悔やまれます…

この教訓を、予想される最悪の次なる災害に生かすことが、未来へ繋がる今誰もが出来る一番の支援かも知れませんね。

忘れずに、備える。

大切なことを改めて考えさせられました。
コメント、ありがとうございました!

投稿: 家元 | 2012年3月13日 (火) 00時24分

コメントを書く