« 江戸の藝を味わう〜初日 | トップページ | 名古屋稽古〜桜の頃 »

2012年4月 4日 (水)

江戸の藝を味わう~終演

先日、3月31日、4月1日に行われました

『江戸の藝を味わう』

無事に終演を迎えることが出来ました。

『千代の友鶴』

二日毎に、日本髪も結い方を変えていただき、衣装も雰囲気をガラっと変えて踊らせていただきました。

一日目は、四季折々の風景に、鶴、松の描かれた華やかな本振袖。

1961_small

1972_small 1973_small

二日目は、芸者姿で。

1967_small

1978_small

1977_small

お客様との距離は、正に手を伸ばせば触れられる距離。

お座敷の大広間を縦にして、6畳ほどを残して囲むような客席。

文字通り、江戸の芸を間近に味わっていただけるように趣向をこらした会場作り。

普段の舞台では感じられないほどの近さ・・・皆様には、どのように感じていただけたでしょうか。

少しでも楽しんでいただけましたら幸いです。

自分の体一つで、何も覆い隠す事の出来ない、素踊り。

素でも魅せられるくらいに、今後は益々誤魔化しに逃げない芸を心に誓って精進していきたいというのが、今年・・・25歳からの新たな決意。

今回早速ながら、こうした機会でお勉強させていただき、有難い経験となりました。

この二日間から多く学びを見い出して、一層励んで参りたいたいと思います。

会場の皆様、温かいお気持ちを有難うございました。

そして、常磐津の皆様、一松の女将さん、皆様・・・本当に有難うございました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の藝を味わう~終演:

コメント

コメントを書く