« 味の素ゼネラルフーズの取材 | トップページ | 思い出ばなし »

2013年3月10日 (日)

名古屋稽古

東京では、宗家講習会が行われた今日、私は名古屋稽古にやって来ました。

「京の四季」を、秋まで
大和楽「松」
長唄「七福神」の前半

ご祝儀舞や、かっちりした古典の楽曲を連続して勉強すると、違う楽曲でも基本は同じであると気付く瞬間に多く出会います。

基本の反復が後にどれだけ生きてくることか…

一年後
数年後
十年後
十数年後

ただただ積み重ねた先に、ふと「あっ」と何か今まで分からなかったことに気づく。

それは予期せずやってくる、私の、たまらなく愛しいと感じる瞬間です。

それが見たくて、ずっと登り続けているように思います。

「続ける」ことは、簡単ではないけれど

「続ける」しかなくて

「続ける」ことが全て

どの世界でも、信念をもって継続する方々に、尊敬の念を抱いています。

名古屋へ向かう朝は早い。

新しい朝。

いつまでも、どんなに繰り返しても、新しい気持ちで、芸道精進!


undefined

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋稽古:

コメント

続ける、繰り返すって難しいことですよね。

しかし、ふと何か生まれる瞬間があるということはある意味、「繰り返し」ではないのかもしれませんね(*^_^*)

投稿: D | 2013年3月11日 (月) 11時50分

Dさんへ

難しいからこそ、継続こそが力なり

…ですね。

確かに!

「変わる」ために「繰り返す」

「繰り返す」から「変わる」ということ…言葉にすると面白いですね!

投稿: 家元 | 2013年3月11日 (月) 21時28分

コメントを書く