« つぼ合わせ | トップページ | 今回の橋弁慶は… »

2013年7月 4日 (木)

下ざらい

昨日、下ざらいが無事に終わりました。

実は恥ずかしながら…

この日を越えるまでは、病み上がりの体力での舞台復帰への恐れ、春先生への追悼に感じる責任、悲しいことが重なった怒涛の半年に、心身ともに様々なものでグラグラしていました。

しかしいよいよ、ここまで漕ぎ着けることが出来ました。

亀の歩みでも、諦めずに夏を目指して良かった。

そして今度は、やり遂げられて良かったと言うことが出来るように!

7月28日は、その全てを踊りに変えたいと思います。

思い出の多い演目

三ツ面子守

undefined

今回、弾けます!!

出演者の皆さんも、回を重ねる毎に、内容も緊張感も深まっています。

若者37名の群舞も、今回は数年ぶりの新作を企画し、奮闘しています。

強い強いと思われますが、私も同じく、不安も楽しみも、皆さんと同じものを持っています。

本番まで、一緒に頑張って行きましょう!

辛い時こそ、笑顔で(*^-^*)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下ざらい:

コメント

こんにちわ、下ざらいで本番へと進みますね。日が近づくにつれ、緊張感が増してきますね。この模様が三ツ面子守の下ざらいですね。鬘も変わった髪形で頭巾七日はちまきみたいなものをを巻きますよね。実は病と闘ってきての舞台となりますよね。がんばっている姿を見せてこそ、復活となりますよね。病からのカムバック無事努められますように、心から祈っております。気合で乗り切りましょう。

投稿: ドラちゃん | 2013年7月 5日 (金) 21時22分

ドラちゃんさんへ

はい、いよいよという時期に入って参りました。

鉢巻は、毎回鬘を乗せてから、さらしを調節して巻いていただいて出番となります。

本番、気合で乗り切ると共に、楽しんで参りたいと思います!

投稿: 家元 | 2013年7月 7日 (日) 22時10分

コメントを書く