« ハロウィン | トップページ | 聖徳祭 »

2013年11月 5日 (火)

お琴と唄の本番でした!

江戸東京博物館、ホールにて「東芳会」に出演させていただきました。

稽古してきた、琴と唄のお披露目の日がやってきました。

「四季の調」

「津軽」

「山河」


そして


「俊寛」


俊寛は、琴は言わずもがなで、唄を一層お勉強するために与えていただいた楽曲でした。

難しさに雲をつかむような日が続いて、リハーサル直前でやっと火が着いたように、手元と唄の感覚が合い、演奏しながらも、胸が熱くなるように唄が出てくる感動を、毎回新鮮に味わうようになりました。

物語を唄うような、俊寛の心を唄うような、第三者の自分。

とても素敵な感覚を沢山学ばせていただいた作品でした。

難しいけれど、やはり楽しい。

琴と唄、これからも頑張って行きたいと思います。


undefined


今回の衣装


undefined


undefined

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お琴と唄の本番でした!:

コメント

コメントを書く