« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

1月5日、出演します!

年の瀬も年の瀬に、ご報告です。


年明けてすぐ


1月5日 日曜日

13時~

14時~

荻窪LUMINE、5階のイベント会場にて


13時~、14時~の二回、出演させていただきます!


大和楽 松

藤川 菊


長唄 新曲浦島

藤川 澄十郎


年の始めに、お客様の御多幸を祈念して踊らせていただきます。


宜しければ是非ともお出かけ下さいませ。


お待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

素敵なクリスマス

クリスマスは、温かい思い出が多くて、毎年ウキウキと楽しみにしてしまうのですが…

今年も友人や家族や仲間と、楽しい時間がいくつもありました。

友人夫婦宅で


undefined


undefined


銀座のクリスマスオーナメント専門店

undefined


undefined


undefined

undefined

undefined


undefined

家族とホームパーティー


undefined


undefined

今年も幸せな思い出が増えました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

福岡と、名古屋と


冬場も、福岡や名古屋の稽古へ行っています。

熱いお稽古で、外の寒さも吹き飛びます。

名古屋は、5月の頭に行う初の名古屋での舞踊発表に向けて、着々と踊りこんでいます。

来年からつめるためにも、年内が勝負と皆で頑張りました。

福岡も同じく!

こちらは2月が記念公演の本番です。

古典演目の稽古も佳境に入り、1月、2月が大詰めです。

年明けからは、宗家と私とでうかがって、いよいよリ猛稽古とリハーサルです。

皆さんの進化が見てとれる宗家の稽古。

やはり、本番に向かう良い緊張感の中でこそ、成長があるもの。

2月は私も出演させていただきます。

皆さんとご一緒に舞台に出演出きることを幸せに思います。

来年も、九州、名古屋、共に前進して行きましょう!

冬場の福岡で、美味しいお店に出会いました。


undefined


しっかり踊った後に、しっかりいただいて、プラマイ0です…

ご馳走さまでした(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

藤川流舞納め会

日曜日

藤川流秋の会、舞納め

盛会のうちに終えることが出来ました。

全体を拝見して、この温かいお弟子さんのもとで会を行えることを、改めて誇りに思いました。

真心のある会場。

心の通った舞台。

会に参加した皆さんが作り出す空気。

昨日今日では作れないものがそこにありました。


演目の一つ一つに、その人自身が見えて、舞台に向かう真摯な姿の美しさに打たれました。


年々深まるそういった藤川流の輪。


年輪のように年を降るごとに刻まれています。


今年もまた様々に、新しい絆と歴史を刻んで


また来年、皆さん自身と藤川流が成長して行けることを、心から願っての宗家の三本締め。


会場にいる方だけでなく、この藤川流の一員たる皆さんの前途を願いました。


本年も、流儀に関わって下さった全ての皆さん。

本当に本当に、ありがとうございました。


また来年も、楽しい踊りの時間を、空間を、共にして行きましょう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

がーまるちょば


undefined


またまた、素晴らしいアーティストさんに出会ってしまいました。


がーまるちょば


先月初めて拝見して大感激!


言わずと知れた有名なパントマイムユニットですが、その真骨頂は、やはり生のパフォーマンスなのだということを感じました。


後日たまたまテレビで、がーまるちょばのドキュメンタリーをやっていたのですが


「伝わらなければただのジェスチャー

僕らはパントマイムをやっている

お客さんに感じてもらって初めてパントマイムなんだ」

そういったメッセージに感銘を受けました。

がーまるちょばのパフォーマンスは、とにかく笑いが耐えなくて…一時間ほどすぎた辺りで、ずっと笑い続けている自分と観衆が心配になってきました(笑)

それでいて、後半行われた「ボクサー」という30分ほどのパントマイムによる劇作品では、しっかり笑いと感動までいただいてしまい。

気持ちを鷲掴みにされました。


素晴らしいアーティスト。


また必ず見に行きたいと思います。


実はもうチケットを予約してますが(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »