« 三宅健太さん | トップページ | 壱岐支部40周年記念舞踊会 »

2014年2月21日 (金)

いざ、壱岐へ

いよいよ明朝5時

九州に向けて発ちます。

壱岐支部40周年記念舞踊会です。

壱岐の皆々様、門弟の皆様、支えて下さった全ての方々に感謝を…

そして

亡きおばあちゃまに捧げます

長唄『操三番叟』

どんな踊りも、自分のためにだけ踊っては、どこか空っぽで

人形の役でも、ご祝儀ものでも、やはり魂は宿るのだと、改めて実感しています。

おばあちゃまのことを思うと、操り人形の心に火が灯ります。

お客様

支えて下さる皆様

親類

ここ数日…お稽古場で踊り、会場を思い浮かべる度、何か底知れない気がみなぎってきました。


踊りがただただ好きだった童心に返るような。

それでいて、ただただ感謝の気持ちが芽生えるような。

当日は、その心のまま…愛を持って演じたいと思います。


壱岐の皆様、ここまでの練習の日々、本当にお疲れ様でした。

皆様の努力、必ず花が咲くでしょう。

泣いても笑っても、明日はリハーサル、そして日曜の本番


壱岐支部にとって、最高の会になりますように…


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ、壱岐へ:

コメント

コメントを書く