« 藤川流春の会 | トップページ | 【ゆう】のチラシとポスターが出来るまで »

2014年4月13日 (日)

【ゆう】が生まれるまでの話~【ゆう】まで2週間

いよいよ【ゆう】まで2週間となりました。


中々内容にふれられなかったのですが、ここから、舞台【ゆう】のお話を存分に載せていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。


まずは、企画の始まりについて…

大志を抱き始めたのは5年前

多くの方や作品に刺激をいただき、その先に…見たいものがある!と旅に出ました。

このブログにも書きました、一人で出掛けたアメリカ旅行が、大きな分岐点となりました。

ラスベガスのショー

グランドキャニオン、雄大な大陸の自然、大地…

二つの創造を感じたいという純粋な好奇心に突き動かされました。

人の創ったショーとエンターテイメント、最大級に夢のつまった場所


自然が悠久の時をかけて創った場所


両方の創造を体で浴びて、充実して、胸いっぱいになって帰国しました。

そしてまた、日本の文化や美学や自然の美しさを更に色濃く感じたのでした。

そして日本人の自分が日本の文化を持ってして、誰もに楽しんでいただけるような作品を、いつか自ら創ろう!と、心に誓いました。

昨年夏にいよいよ踏みきり。

様々なアイディアや、琴線に触れて貯めていたものを、自分のこれまでの舞台や稽古での学びに掛け合わせて、削って、繰り返し、書いて…

秋口に、この作品のほぼ完全版と言える、手書きの構成台本が上がりました。

そしてそのスタッフ打ち合わせの数日前に、この作品の主役、そして、タイトルが浮かび上がり、そこに集まるように、台本が一気に書き上がりました。

誰もが息を飲む自然の雄大さ

そこに感じる悠久の時【悠】、優なる愛

その【優】なるものは、人の心の喜びで本質であること

そして、人が人を楽しませるために生まれた

エンターテイメントという本物の遊び【遊】

そして、この年月で改めて感じた

人と人との絆の中、自然の中、日本、世界、宇宙で生きる、全てに結ばれる奇跡【結】

【you】…一人一人、万国共通の言葉での、あなたを大切にしたいと思う、一人一人への敬愛、一人一人の人生が素晴らしいということ


【悠】
【優】
【遊】
【結】
【you】


この5つの意味を、愛する日本と、日本の文化、日本の心、日本にしかない仮名に込めて生まれました。


【ゆう】


アメリカ旅行から後も、沢山の舞台に立たせていただき、拝見し、裏方や、様々な形での修行をさせていただき、多くの方、多くの物事から、貴重な経験をさせていただきました。

素晴らしい出会い、沢山の絆。

この作品をつくるためにではなく、皆さんとの出会いと絆とご縁とに恵まれて、大事に思う中で、こんなにも大きな作品に心を合わせていただくカンパニーが出来上がりました。

その全てへの感謝

生きていることへの感謝

この日本文化への敬愛
世界への敬愛
自然への敬愛


タイトルへの思いは作品の幹に込めて、【ゆう】の主役である樹齢1000年の木が、生まれてから枯れるまでに見てきた幾つもの物語を、思い出して夢見て語って行きます。

色んな物語、色んな人生、色んな生きざまを見てきた木が、共に生きて通り過ぎていった人たちを思い出して、最後に一人何を思うのか。

そして、一つ一つの作品を生き生きと生きる人物たちに、笑って泣いてともに楽しむ一時を、ご用意したいと思っています。


さて、次は、作品の命!
デザイン、撮影の方の力の結晶!

ポスター、チラシについてのお話です。


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ゆう】が生まれるまでの話~【ゆう】まで2週間:

コメント

家元さま、こんにちわ。おひさしびりですね。家元さまが、念願であった。いよいよ舞台の公演が、迫ってまいりましたよね。和と洋がマッチングした舞台(ステージ)、まさに家元さまが夢であった舞台が実現いたしますよね。公演当日の舞台裏楽屋ショットを、ぜひとも載せていただけるといいですよね。日本と世界への架け橋、家元さま ぜひとも実現させてください。楽しみにしておりますよ。

投稿: ドラちゃん | 2014年4月13日 (日) 20時46分

ドラちゃんさんへ


お気持ち、有難うございます!
 
当日のショット、様々お載せしたく思っております。

楽しみにしていただけましたら嬉しいです!

投稿: 家元 | 2014年4月15日 (火) 20時28分

コメントを書く