« 名古屋の雨に見る | トップページ | いよいよ明日、本番 »

2015年6月25日 (木)

熱戦 稽古 最終局面

連日の皆さんの稽古、いよいよ最終局面に差し掛かっています。


本番まであと1週間と少し


まだやれる!

1435212063889.jpg


写真は、トリの群舞「田原坂物語」の稽古。

群舞が始まって間もなく10年。

今まで参加してくれたメンバー皆が築いてくれた土台に、一年一年、積み上げて来ました。

今年は、若者のエネルギーと一言ではくくれない、作品としてのエネルギー、役としての踊りを追い求めています。


皆と私とでやって来た、これまでの全てで挑んでいます。

習い手も教え手も毎回が真剣勝負です。

田原坂での若者たちの戦いに、今を生きる彼らを見ていただけたら幸せです!!


是非ともご覧下さい!!!!

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱戦 稽古 最終局面:

コメント

家元さま、こんにちわ、いよいよ恒例の藤川流舞踊会まで1週間近くまで迫ってきましたよね。本番まで追い込みとなってきました。しかもラストを飾るのが、西南戦争の舞台となった田原坂物語ですよね。そもそも田原坂が舞台となった西南戦争が勃発したのが1877年(明治10年)で西郷隆盛が新政府軍に反発をして引き起こしたのが、西南戦争でいわば日本での最後の内戦と言われております。1877年といえばこの年にイギリスでのウィンブルドンテニス(全英オープン)テニスが男子シングルスのみでスタートしたのがこの年で女子シングルスが加わったのが1884年(明治17年)からでした。ウィンブルドンテニスが第1回が始まった1877年に日本では西南戦争だったのが、不思議な運命を感じますよね。いよいよ本番まで迫ってきましたが、無事に終えられますよう祈っております。

投稿: ドラちゃん | 2015年6月25日 (木) 21時21分

ドラちゃんさんへ


群舞稽古もいよいよ明日でラストとなりました!
皆、最後まで精一杯戦ってくれています。

はい、西南戦争の最大にして最悪の激戦地、田原坂が舞台の作品です。

名もなき志士たちが確かに生きた跡と、支える女性があったことを、現代の我々がどこまでリアルな現実として表現できるか、何となくで妥協せずに懸命に模索してきました。

彼らの全身全霊の舞台、是非ともご覧下いただけたら幸せです。

投稿: 家元 | 2015年7月 2日 (木) 09時30分

コメントを書く